子育て情報『でんぐり返しの子供への教え方!練習はいつから?成功のコツは?』

でんぐり返しの子供への教え方!練習はいつから?成功のコツは?

2018年10月12日 07:12
 

一人歩きができるようになると、いろいろな動きが面白くていつの間にか”でんぐり返し”をして遊んでいる子供の姿を目にすることがあるかもしれません。安全に”でんぐり返し”ができるように、教えてあげたいですよね。今回は、練習方法や上手にできるコツをお届けします。

でんぐり返し(でんぐり返り)を教えよう!

目次

・でんぐり返し(でんぐり返り)を教えよう!
・でんぐり返しはいつからできる?
・子供に教えるでんぐり返しの練習ステップ
・できないときに試そう!でんぐり返し成功のコツ
・まとめ
538177819


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


無邪気な子供は自分の身体を使って遊ぶのが上手ですよね。でんぐり返しも楽しい遊びの一つかもしれませんが、安全に楽しむために正しいでんぐり返しの教え方や効果などをみていきましょう。

そもそもでんぐり返しとは
「でんぐり返り」という方もいますが、正しくは「でんぐり返し」。両手の手のひらを地面について、体を1回転させることを言います。しっかり起き上がるまでが正しいでんぐり返しと言えるでしょう。前だけでなく、後ろ向きに回る動きもでんぐり返しと呼ばれるようです。

でんぐり返しの驚きの効果
でんぐり返しができるようになると、どんな効果があるのでしょうか。

●転んだ時の受け身が上手になる……
体のバランスがまだ整っていない子供は、よくつまづいたり物にぶつかって転びますよね。そんなとき、顔が地面につく前に手を使って上手に受け身が取れるなど瞬時に対応できるようになるでしょう。

●バランス感覚が養われる……
自分の体を上手に回すためには、腕力と筋力が必要になります。手足の動きをバランスよくコントロールし、体の中心である軸をしっかり意識することによってきれいに回転することができます。正しいでんぐり返しを何度も行うことによってバランス感覚が自然と養われていくでしょう。

●乗り物酔い防止……
車や電車、飛行機、船など酔いがちという子供は揺れる環境の中にいると、体のバランス感覚を失い、具合を悪くしたり吐き気を起こします。でんぐり返しは体の平衡感覚を身につけることができる運動と言われているので、乗り物酔い防止の一つとしておすすめです。

でんぐり返しはいつからできる?

523430012


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
でんぐり返しは何歳でできるようになる?
一般的には3歳代と言われているようですが、その理由としては「両手で頭や身体を支えられるようになる」「でんぐり返しの仕方がわかるようになる」「でんぐり返しをしてよい場所かどうか判断できる」など、赤ちゃんのころより身体的にも精神的にも安全にでんぐり返しができる能力を備えられることがあげられます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.