子育て情報『哺乳瓶の煮沸消毒の正しいやり方!手順・時間・保管方法』

哺乳瓶の煮沸消毒の正しいやり方!手順・時間・保管方法

2018年10月12日 08:08
 

哺乳瓶の煮沸消毒は家にあるものですぐにできる手軽な方法ですよね。煮沸消毒をしたいけれど正しい方法がわからない、そう疑問に思うママもいるのではないでしょうか。哺乳瓶をきちんと消毒するための手順や時間、保管方法について調査しました。

哺乳瓶の煮沸消毒は必要?

目次

・哺乳瓶の煮沸消毒は必要?
・哺乳瓶の煮沸消毒方法
・煮沸消毒後の乾かし方・保管方法
・煮沸以外にもある哺乳瓶の消毒法
・まとめ
696311706


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


使い終わった哺乳瓶は消毒するのが一般的ですが、そもそもどうして消毒する必要があるのでしょう。手洗いだけではいけない理由をご紹介します。

哺乳瓶の消毒が必要な理由
赤ちゃんはママからの免疫力を受け継いで生まれてくると言われています。ずっとその免疫力を保てるわけではなく、少しずつ減少し生後6カ月ごろには赤ちゃん自身の免疫力になるようです。免疫には細菌やウイルスから身体を守る役目がありますが、赤ちゃんの時期はまだ十分ではありません。大人と比べて体調を崩しやすく、悪化する可能性も高いです。

飲み終わった哺乳瓶には、飲み残しや吸いきれない少量のミルクなどがどうしても残ってしまいますよね。ミルクや母乳はたくさん栄養があるぶん、雑菌もわきやすいようです。そしてこの雑菌は手洗いだけでは取り除くことはできません。

赤ちゃんが安心して哺乳瓶が使うには、すみずみまで洗い消毒してあげることが必要です。赤ちゃんの健康を守るためにも、欠かさず消毒してあげるとよいでしょう。

哺乳瓶の煮沸消毒方法

145064106


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


煮沸消毒の方法は知っていても、消毒時間などを正確に把握している方は少ないかもしれません。正しい煮沸消毒するにはどうしたらよいのでしょう。準備する物や手順について調査しました。

煮沸消毒で準備するもの
煮沸消毒はほとんど家にあるもので用意ができます。具体的な準備品は以下の通りです。

●哺乳瓶を手洗いするために必要なもの
哺乳瓶専用のスポンジ/洗剤

●煮沸消毒のために必要なもの
哺乳瓶がすっぽり入る大きな鍋/トングやはさみ

煮沸消毒を始める前に、哺乳瓶をきれいに手洗いするのが原則です。哺乳瓶の底や乳首の先端は手が入りづらいので、筒状になっている専用スポンジがあると便利でしょう。洗剤を万が一口にしてしまったときのために、野菜も洗える身体に優しい哺乳瓶用洗剤があると安心です。

哺乳瓶をいれる鍋は、哺乳瓶とたっぷりの水をいれても余裕ができるほどの大きさがあるとよいでしょう。沸騰後に鍋から溢れてしまっては大変です。哺乳瓶を取り出すため、専用のトングやはさみなども必要です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.