子育て情報『ベビー用品はレンタルがいい? メリット・デメリット・選び方』

2018年10月14日 10:24

ベビー用品はレンタルがいい? メリット・デメリット・選び方

何かと揃えるものが多いベビー用品、レンタルしたほうが安いのでは?と思う物もありますよね。我が家に必要なのかどうか、実際に使ってみないとわからない場合もあるでしょう。ベビー用品をレンタルするなら、どのようなポイントを確認すればよいのでしょう。メリットなども合わせ、おすすめレンタルショップをご紹介します。

ベビー用品はレンタルできる

目次

・ベビー用品はレンタルできる
・ベビー用品をレンタルするメリット・デメリット
・ベビー用品をレンタルすときのチェックポイント
・人気のレンタルショップ5選
・まとめ
636716014


Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2


赤ちゃんのお世話に必要なベビー用品、オムツなどの消耗品は必ず購入しなければなりませんが、レンタルできる物もいろいろとあるようです。周りのママたちは何をレンタルしているのでしょう。人気のレンタル用品と相場、レンタルする時期などを調査しました。

レンタルできるベビー用品の一例と相場価格
ベビー用品のレンタルといえば、ベビーベッドではないでしょうか。「買ったのに全く使わなかった」なんて声も耳にしますよね。実際にベビーベッドをレンタルするといくら費用がかかるのでしょう。あると便利なバウンサーと合わせ、ママたちに人気の「かしてネッと」「ナイスベビー」「ホクソンベビー」3社を参考におおよその相場価格を調査しました。

【ベビーベッド】標準タイプを6カ月レンタル
7,200円前後〜12,000円前後

【バウンサー】6カ月レンタル
7,200円前後〜11,800円前後

ベビーベッドもバウンサーもさまざまな商品があり、機能によって値段に差があるようです。ベビーベッドでは柵を開ける面数が多いほど値段が高い傾向にあり、バウンサーは自動で揺れる機能がある商品は値段が高いようです。多機能で比較的高い商品ほど、レンタルを検討したほうがよさそうですね。

●かしてネッと(ダスキンレントオール)公式サイト
https://www.kasite.net/

●ナイスベビー 公式サイト
https://www.nicebaby.co.jp/

●ホクソンベビー 公式サイト
http://www.hoxon.co.jp/baby/

※表示金額は税別

ベビー用品をレンタルするタイミング・時期
出産後、自宅ですぐにベビー用品を使いたいなら、予定日の1週間前までには商品が届いたほうがよいでしょう。ベビーベッドは自分で組み立てる必要があるかもしれませんし、大きい物ほど部屋の配置に迷うかもしれません。

レンタルする時期は生活環境にもよりますが、ベビーベッドは赤ちゃんが嫌がる可能性も高いです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.