子育て情報『シリーズ 専門家にきく! スポーツ栄養アドバイザー石川三知さんに聞く チャレンジできる体のつくりかた第1回(全4回・レシピあり)』

2018年10月19日 11:00

シリーズ 専門家にきく! スポーツ栄養アドバイザー石川三知さんに聞く チャレンジできる体のつくりかた第1回(全4回・レシピあり)

トップライター:川筋真貴

世界のトップアスリートたちを栄養の面から支える石川三知さんは、彼らが能力を発揮するためのサポートに日々取り組んでいます。五輪など究極の状況のもとで選手の力を引き出すスポーツ栄養学のプロに、成長期の子どもたちに必要な栄養と食生活、家庭でできる食事のサポートについて聞きました。

目次


・第1回スポーツ栄養学って、なに?




・【石川さんおすすめ】ここ一番の日の応援レシピ2種
・発芽玄米と梅のおにぎり

・じゃがいも入りチンジャオロース


・この本にたくさんのレシピが載っています。



三井淳平(みついじゅんぺい)さん
石川三知(いしかわみち) Office LAC-U代表。スポーツ栄養アドバイザー。オリンピックメダリストをはじめとする多くのアスリートの栄養サポートを行なう。 いままでにサポートしてきた選手・団体は、中央大学水泳部、スピードスケート岡崎朋美選手、フィギュアスケート荒川静香選手、髙橋大輔選手、陸上短距離走/末続慎吾選手、競泳瀬戸大也選手、大相撲稀勢の里関、陸上短距離日本代表チーム、新体操日本代表チーム、全日本男子バレーボールチームなど多数。 2004年度~2014年度JOC(日本オリンピック委員会)強化スタッフ(医科学)。山梨学院大学スポーツ科学部非常勤講師。中央大学保健体育研究所客員研究員。八王子スポーツ整形外科栄養管理部門ディレクター。 著書には、『最新版 スポーツ選手のための食事 400レシピ』、『栄養のプロが教える 最新版 身長を伸ばす栄養とレシピ』(いずれも学研プラス)など多数。
Office LAC-U(オフィス・ラック・ユー)

第1回スポーツ栄養学って、なに?

――石川さんは、世界レベルのトップアスリートを栄養面からサポートされていますが、その基礎となっているスポーツ栄養学について教えてください。

シリーズ 専門家にきく! スポーツ栄養アドバイザー石川三知さんに聞く チャレンジできる体のつくりかた第1回(全4回・レシピあり)

スポーツ栄養学について話す石川さん

スポーツ栄養学というのは、基本的な栄養学に運動をする人のためのエッセンスを盛り込んだものです。病気の方向けの病態栄養学があるのと同じですね。

病気の方向けの栄養学は、病気の症状を考えて、その病状が治まっていくためにはどうすればいいかを研究することですが、スポーツ栄養学は、運動をしながら目標を達成し、さらに元気に成長していくための知恵というふうに思っていただければいいと思います。

とくに、試合に向けて過酷なトレーニングを続けるアスリートは、体への負荷がとても大きくなります。その体を支えるためには、体のケアと同じように栄養面でのサポートも必要です。練習内容にあった食事をスポーツ栄養学に基づいて用意することで、食べ物が体と調和し、能力が発揮できる体内環境を整えることができるんです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.