子育て情報『こどもの皮膚科ドクターが語る アフリカ出身トニーさんが主催する国際色豊かな子ども食堂&寺子屋を体験してきた』

2018年11月27日 14:00

こどもの皮膚科ドクターが語る アフリカ出身トニーさんが主催する国際色豊かな子ども食堂&寺子屋を体験してきた

編集部:学研キッズネット編集部

目次


・アフリカの料理も味わえるバイキング形式のランチ


・楽しく学び、味わい、異文化を体験する「子ども寺子屋」


・困っている子どもの居場所をつくりたい



・DATA


アフリカ出身トニーさんが主催する国際色豊かな子ども食堂&寺子屋を体験してきた

ある土曜日、神奈川県相模原市の住宅街に子どもたちが集まる一角がありました。この日は、楽しいプログラムが盛りだくさんで、参加費が無料という、子どもたちに人気の「ノヴィーニェ こども食堂&こども寺子屋」が開かれる日なのです(付き添いの大人も無料)。

食事だけでなく、遊びや学びが体験できる寺子屋もあるこの食堂は、近所の子どもたちを中心に回を重ねるごとに参加者が増えているそう。アフリカの方が主催する子ども食堂にはどんな特徴があるのか、どんな思いで開催しているのかを聞くため、参加してみました。

アフリカの料理も味わえるバイキング形式のランチ

この子ども食堂はアフリカ・ガーナ出身のトニーさんが理事長を務める「NPO法人アフリカンヘリテイジコミティー」が主催しています。
土曜日昼と平日夜、月に1回ずつ、神奈川県内の2カ所で開かれていますが、昼は食堂だけでなく寺子屋が同時開催されるのが特徴。アフリカの文化に触れられるイベントも子どもたちの楽しみのひとつです。

天気にも恵まれた夏らしい日の今回は「ミニなつまつり」がテーマ※。友だち同士や親子で季節を感じながら楽しめるプログラムがたくさん用意されています。

※「ミニなつまつり」は8月25日(土)に開かれた昼プログラムです。

こどもの皮膚科ドクターが語る アフリカ出身トニーさんが主催する国際色豊かな子ども食堂&寺子屋を体験してきた

たくさんのメニューに迷いながらも、子どもたちがそれぞれ好きなものを取っていきます

スタート時間の11時45分にあいさつと今日のプログラムの説明がありますが、まずは食事タイム。会場入り口にある料理が並んだカウンターから、各自好きなものを取っていくバイキング形式です。「食べられる分だけよそってね(お代わりは自由)」などの注意書きがあったり、自分が使ったお皿を種類ごとに分けて片付けるコーナーもあります。バイキングを楽しみながら自然とマナーも学べる仕組みになっているのです。

こどもの皮膚科ドクターが語る アフリカ出身トニーさんが主催する国際色豊かな子ども食堂&寺子屋を体験してきた

ごはんのあとのデザートは、綿あめが人気でした

料理はデザートも含めて8~12品。毎回必ずアフリカの料理も並びます。子どもたちに人気のカレーは本格的ながら辛くない工夫がされていました。隣り合った参加者同士や、いっしょに来た家族などと楽しく話しながらの食事タイムが終わると「こども寺子屋」の始まりです。

楽しく学び、味わい、異文化を体験する「子ども寺子屋」

今日のプログラムは、トニーさんによる「えいごレッスン」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.