子育て情報『今後も「オンライン授業続けたい」中高生の8割超が回答! 休校期間の中高生の学習実態に関するアンケート』

2020年4月23日 09:00

今後も「オンライン授業続けたい」中高生の8割超が回答! 休校期間の中高生の学習実態に関するアンケート

編集部:学研キッズネット編集部

株式会社増進会ホールディングス(Z会グループ)のグループ会社、株式会社葵が運営する80万人の中学生・高校生が利用するオンライン学習塾「アオイゼミ」は、新型コロナウイルスによる休校が広がる中、「アオイゼミ」の利用者に対して休校期間の学習実態についてアンケート調査を実施し、2411件の回答を得ました。

目次


・アンケート結果








アンケート結果

■休校中の学習は、「学校の宿題」が最も多く78%、次いで「オンライン授業」が68%
学習内容としては学校の宿題が最も多く78%、次いでオンライン授業が68%であった。市販の教材や参考書も48%が使用しており、「休校中も勉強を続けたい、続けさせたい」と生徒や保護者が、さまざまなコンテンツを利用・検討したようだ。

今後も「オンライン授業続けたい」中高生の8割超が回答! 休校期間の中高生の学習実態に関するアンケート

■休校中に初めてオンライン授業を利用した生徒が半数以上
今回の休校期間以前から「オンライン授業」サービスを以前から利用していた生徒、今回はじめて利用した生徒が半々だった。3月の休校を機に中高生に「オンライン授業」が一気に広がったことが分かる。

今後も「オンライン授業続けたい」中高生の8割超が回答! 休校期間の中高生の学習実態に関するアンケート

■ネットでオンライン学習を知った生徒が53%で最も多く、次いで家族の勧めが26%
今回の休校期間にはじめて「オンライン授業」サービスを利用した生徒に尋ねた。ネットの情報から認知した生徒が53%であったが、次に高かったのが「家族」の26%であった。保護者も子どもの学習手段を探し、「オンライン授業」を使って学習してほしいと考えたようだ。

今後も「オンライン授業続けたい」中高生の8割超が回答! 休校期間の中高生の学習実態に関するアンケート

■81%が今後もオンライン授業を継続したいと回答
今回の新型コロナウィルス禍で、オンライン授業の利用が大きく拡大した。実際に使用した中高生の8割以上が今後も利用を継続したいとしていることから、オンライン授業が学習に役立つことが実感されたようだ。

今後も「オンライン授業続けたい」中高生の8割超が回答! 休校期間の中高生の学習実態に関するアンケート

■オンライン学習の利点としては、1自宅で勉強できる2自分のペースで勉強できる3集中できる
1位「自宅で勉強できる」が86%、2位「自分のペースで勉強できる」が71%と、自分のペースで勉学できるのがかなりの利点であるように思われる。また、3位に「集中できる」が36%であった。一般的には「在宅では集中できない」と思われる方が多いかもしれないが、自分だけの環境の方が集中できる生徒も多いようである。

今後も「オンライン授業続けたい」中高生の8割超が回答! 休校期間の中高生の学習実態に関するアンケート

■オンライン学習の課題としては、1質問ができない2スマホやタブレットなどの通信機器の整備が必要3周りの大人の理解が得にくい
1位「質問ができない」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.