子育て情報『自称イクメンVS真のイクメン! 両者の違いって?』

2018年9月7日 21:30

自称イクメンVS真のイクメン! 両者の違いって?

目次

・妊娠中からも、すでに違いは現れる
・まだ子どもが幼い頃に、その違いは一番はっきりと現れる
・最終的な違いは「当事者として育児をしているか」
・おわりに
イクメン, 育児, 子育て,

“イクメン”とは子育てする男性(メンズ)の略称です。
イクメンという言葉自体は浸透してきていても、お子さんがいる女性で「うちの夫はイクメン!」と思っている方は、まだまだ少ないのが現状ではないでしょうか。
今回は、お子さんがいる女性にも、これから子どもを持ちたいと考えている女性にも分かりやすく、自称イクメンと真のイクメンの違いを解説します。

妊娠中からも、すでに違いは現れる

妊娠中からも、すでに自称イクメンと真のイクメンの違いは現れます。
その違いを解説します。

自称イクメン「つらいのは分かるけれど、男の自分には何もしてあげられない」
自称イクメンは、妻のつわりがひどかったり、妊娠のストレスでイライラしていたりして、つらい思いをしている妻に、一見同情的で、理解してくれているように見えます。
しかし、あくまでも、理解しているように見えるだけで、実際にはそのつらさを理解してくれてはいません。
男性が妊娠中のつらさが分からないことは無理もないことなのですが、自称イクメンは、妻が妊娠中だから、積極的に家事を手伝う、という発想はありません。
つらいかもしれないが、家事は今までどおりにこなしてほしい。
そういった本音があるのでしょう。
「つらいのは分かるけれど、男の自分には何もしてあげられない」これが、自称イクメンに多い言い分です。

真のイクメン「自分にできることはする」
真のイクメンは、妻がつらいと言う前から、自分にできることは積極的にやってくれます。
仕事から疲れて帰ってきて、妻が料理を作っていなかったとしても、不機嫌になることもありません。
料理が作れるなら妻の好きな料理を作り、料理ができないなら、妻の分の食べ物を買ってきます。
妻の負担を少しだけでも減らし、妻が母子ともに無事に出産してくれればそれが一番いい。
それが、真のイクメンの考え方です。
真のイクメンは子どもが生まれてからも、家事までどうしても手の回らない妻をサポートしてくれます。

まだ子どもが幼い頃に、その違いは一番はっきりと現れる

イクメン, 育児, 子育て,

まだ子どもが幼い頃、特に生まれたばかりのときに、自称イクメンと真のイクメンの違いは一番はっきりと現れます。生まれたばかりの赤ちゃんは、それぞれの赤ちゃん毎に違いははあるものの、一日中寝ない、泣きっぱなし、なんていうことはザラです。
そんなときに、自称イクメンと真のイクメンはどのように違うのでしょうか。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.