子育て情報『プレ保育を考える人が増えている?プレ保育に通うメリットとは』

2019年2月4日 18:00

プレ保育を考える人が増えている?プレ保育に通うメリットとは

目次

・プレ保育を考える人が増えている?
・プレ保育のメリット・デメリット
・プレ保育は費用がかかる?
プレ保育を考える人が増えている?プレ保育に通うメリットとは画像


保育園に通っていない場合、集団生活のスタートは幼稚園からとなります。3年保育の場合は満3歳になってから。しかし最近では、入園する1年前にプレ保育を実施している幼稚園が増えており4年保育とまで呼ばれることも。

プレ保育を選ぶ際はどのようなことに気を付けると良いでしょうか。また、プレ保育のメリット・デメリットはどんなことでしょうか。

プレ保育を考える人が増えている?

プレ保育は一部の幼稚園で実施されていますが、理由は「園を知ってもらう」「環境に慣れてもらう」「子育て支援をする」などを目的としています。登園頻度は、4年保育とまで呼ばれる程毎日通う場合や、週や月に1回、数ヶ月に1回など様々です。また保育時間も、数時間や半日、1日など園により大きく異なり、母子同伴の場合も分離の場合もあります。

2~4歳の子どもを持つ保護者のアンケートによると、利用経験のある人が約3割、利用を考えている人が約2割で、合わせると半数以上となります。

また、通わせた場合複数の園を利用した人は約4分の1で、より良い園を選ぶ為にプレ保育を利用する人が増えていることが分かります。本入園とは違い、かけもちが可能とされる園が大半です。週1や月1などの頻度であれば、複数をかけもちして園を比較するのも良いでしょう。

プレ保育のメリット・デメリット

プレ保育を考える人が増えている?プレ保育に通うメリットとは画像


プレ保育に通わせるにはどんなメリットがあるのでしょうか。

幼稚園というのは、子どもが初めて他人と集団生活をする場所です。産まれてから毎日ママと一緒だった子どもが突然ママと離れて幼稚園生活を送るのですから、慣れるまでには時間がかかることが多いでしょう。入園前に少しでも先生やお友だちと触れ合う機会を持つことで、やがて始まる幼稚園生活をスムーズに送ることができやすくなるというのが一番のメリットでしょう。

他にもこんなメリットがあります。

・幼稚園の雰囲気や先生との人柄が分かる

・入園前から先生に子どものことを知ってもらえる

・同じ年頃の友達ができる

ママ友ができる

・入園後の送迎イメージがわく

・家庭ではできない集団行動や季節ごとのイベントなどの経験ができる
・優先的に入園できる権利がもらえる

実際に通ってから「合わないな」と思っても転園することは難しいですが、プレ幼稚園であれば園を変えることも可能です。

しかし園によっては、プレ保育に通うには入園することを条件としている場合もありますし、プレであっても制服等が必要な場合は通ってからの転園は躊躇されることもあるでしょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.