子育て情報『広汎性発達障害(PDD)の原因は?遺伝する確率はあるの?』

2016年8月1日 14:00

広汎性発達障害(PDD)の原因は?遺伝する確率はあるの?


医学的に広汎性発達障害(PDD)の発現時期は分かっているの?

広汎性発達障害(PDD)の原因は?遺伝する確率はあるの?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030031850

広汎性発達障害(Pervasive Developmental Disorders:略称PDD)は、コミュニケーションと社会性に障害があり、限定的・反復的および常同的な行動があることを特徴として分類される発達障害のグループ です。世界保健機関(WHO)の『ICD-10』(『国際疾病分類』第10版)の診断カテゴリでは、このグループには自閉症、アスペルガー症候群のほか、レット症候群、小児期崩壊性障害、特定不能の広汎性発達障害という5つの障害が含まれています。

広汎性発達障害は、なんらかの先天的な遺伝要因と様々な環境要因に起因する何らかの障害が脳が発達する時期に起こり、それが成長段階で「広汎性発達障害」として発見されるとされています。要は先天的な素因によって起こる発達障害の一つとして医学的には捉えられています。広汎性発達障害は親のしつけや育て方の問題で広汎性発達障害が起こっているわけではないことがわかっています。

広汎性発達障害は、だいたい3歳までの幼児期に何らかの症状が現れると言われています。広汎性発達障害の子どもをもつ親が、言語能力の遅れやこだわりなどの症状から何らかの疑いをもつ時期についても3歳未満が多いとされています。また、1歳半検診や3歳児検診などの乳幼児健康診断で広汎性発達障害を含む発達障害に関する何かしらの指摘があり、その後医師の診断により判明することもあります。

中には子どもの頃に気づかず、大人になってから広汎性発達障害と診断された方もいます。不安障害やうつ病などの気分障害・睡眠障害などのいわゆる二次障害と呼ばれる症状や状態となり、その検査を通して広汎性発達障害に気づく人もいます。

http://www.dr-maedaclinic.jp/do110.html
姫路心療内科 前田クリニック 「発達障害とうつの関係」

http://goo.gl/e8ejBc
埼玉県総合教育センター 「自閉症の理解と支援自閉症とは」


広汎性発達障害の原因は?

広汎性発達障害(PDD)の原因は?遺伝する確率はあるの?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015076711

現段階では正確な原因は解明されていませんが、脳機能の障害により症状が引き起こされるといわれています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.