子育て情報『著者・自閉症児の母、立石美津子さんー完璧主義の教育ママが、息子のあるがままを受け止められるまで』

2017年1月11日 16:00

著者・自閉症児の母、立石美津子さんー完璧主義の教育ママが、息子のあるがままを受け止められるまで


16歳の自閉症児の母、立石美津子さん、発達障害児の子育て本を発売

著者や講演家として活躍される立石美津子さんが、障害のある子どもの子育てのヒントを綴った著書『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』を発売されました。単なるハウツー集に留まらない、リアリティのあるエピソード満載の新著です。

LITALICO発達ナビでは、書籍の出版を記念して立石美津子さんに単独インタビューを実施。自閉症のお子さんの子育てを通して得られた「考え方のコツ」や、子育ての中で心に残ったエピソード、就労訓練に向かう息子さんへの思いについて語っていただきました。

ライターでも著者でも講演家でもない、一人の母としての立石美津子さん、その素顔に迫ります。

著者・自閉症児の母、立石美津子さんー完璧主義の教育ママが、息子のあるがままを受け止められるまでの画像

Upload By 田中千尋(発達ナビ編集部)

立石美津子さん: 1961年大阪市生まれ。幼稚園・小学校・特別支援学校の教諭免許を取得後、石井勲氏のもと、幼稚園・保育園に漢字教育を普及する。32歳のとき、株式会社パワーキッズを設立。38歳で出産。知的障害を伴う自閉症のあるお子さんを育てながら、現在は著者、講演家、ウェブコラムのライターとして活動している。代表作『一人でできる子になるテキトー母さんのすすめ』は43,000部のロングセラー。LITALICO発達ナビでも数多くのコラムを執筆。


「テキトー母さん」が、全然テキトーでいられなかった日々

―このたびは、新著の出版おめでとうございます。

これまで、子育てに関するさまざまな発信をされてきた立石さん、代表作『一人でできる子になるテキトー母さんのすすめ』では、子育てに対して完璧主義になるのではなく、ほどよく「テキトー」であることの大切さを語られていました。今回は、息子さんのエピソードも交えた新著ですが、ご自身の子育てでも、テキトースタイルでやってこられたのでしょうか。

立石美津子さん(以下、立石さん): いや、実は全然そうではなかったんですよ。最初はむしろ、テキトーどころか子どもに多くを求める"モーレツ母さん"でした。それが変わるまでの経緯も今回の本には詳しく書いたんですけれども。

それから、自分自身のことに関しては、今でもまったくテキトーじゃないんです。昔からなんですけど、実は完璧主義者でマイナス思考です。負の部分だけを見てしまう考え方の癖が身に付いちゃってるんですよね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.