子育て情報『「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?』

2017年1月25日 16:00

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?

【「ペアレントトレーニングとは」より】

http://amzn.asia/5bbwEO9
ラ:とある育児番組で、「子どものいいところを20個書いてください」というアンケートがあったんですけど、「えーーっと…」って唸っている親御さんがすごく多いのを見たんです。その様子をみて、「絶対に私は、子どものいいところをすぐ言えるママになろう!」って思ってました。

実際、自分の子どもはかわいいですし、いくらでもいいところは見つけられたから、書ききれなかったです。その時のペアトレの授業では、プリントをはみ出す勢いでバーッて書きました。

編:ほかのお母さんに結構びっくりされたのでは?

ラ:発表する時間があったんですけど、時間が足りなくなりました(笑)。「ああ、終わりですか!もっとありますけど!」みたいな。


ADHDの兄と、定型発達の弟。兄弟それぞれにイイっ!!

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

編:ADHDのないアイキくんとキョウタくんを比べてしまうことってないんでしょうか?「もっとキョウタもこうできたらいいのに…」とか。

ラ:まったくないですね。

編:ですよね。一応聞いてみたんですけど、多分ないだろうなって思ってました(笑)。

ラ:もちろん違いがたくさんあるし、比較することはあります。キョウタができなかったことがすんなりできるアイキにはただただ感動するし、すっごーーいって思います。でも一方で、普通の体力を持ってる弟と、尋常じゃない体力を持ってるお兄ちゃんとでは、やっぱりキョウタの体力に感動するし。私すごく得してるなって思いますね。

編:兄弟それぞれのいいところが、両方楽しめる。

ラ:そうそう。

ラ:アイキが生まれたばっかりの時は、キョウタも2歳になりたてで、「弟」という存在の意味が分からなかったみたいで。かわいがるでもなんでもなく無関心だったんです。

ところが、アイキがちょっと移動できるようになったとたん、自分のテリトリーに入ってこられたストレスで手を出すようになって。それからというもの、弟に対するコミュニケーションが、100パーセント暴力になってしまって…。

触られれば「やめて!」。話しかけられれば「うるさい!」など、嫌悪感ばかり表していました。なんでこんなに弟の存在を受け入れられないんだろうって悩みました。しかも周りの男の子兄弟をもつママに聞いても「うちはそんなじゃなかった」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.