子育て情報『聴覚過敏の息子をピアニストに!?自閉症の息子の「才能探し」に奔走した日々を振返って思うこと』

聴覚過敏の息子をピアニストに!?自閉症の息子の「才能探し」に奔走した日々を振返って思うこと

2018年6月23日 11:00
 

『子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』著者の立石美津子です。


自閉症の息子、将来はピアニストか調律師に…!?

聴覚過敏の息子をピアニストに!?自閉症の息子の「才能探し」に奔走した日々を振返って思うことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10165000833

17歳の息子には聴覚過敏があります。そのせいで、乳幼児期は掃除機、ドライヤー、洗濯機、赤ちゃんの泣き声など、多くの音を嫌がりました。

生後4ヶ月のとき、お腹にいるころから胎教でずっと聴かせていた“ヴィバルディの四季”のCDが壊れて聴くことができなくなりました。そこで、同じ曲ですが、違うオーケストラが演奏するCDを買ってきたところ、特定箇所になると火がついたように泣くのです。

さらに数か月後、胎教で聴かせていたのと同じオーケストラが演奏するCDを買って聴かせたら、今度は同じ箇所でも泣かなかったのです。

この様子を見て、「この子はきっと耳がいいんだ!これを生かして職業に就かせ自立させよう」と思い立ちました。


有名人に憧れた、息子の幼少期

聴覚過敏の息子をピアニストに!?自閉症の息子の「才能探し」に奔走した日々を振返って思うことの画像

Upload By 立石美津子

息子が自閉症であることが分かってからは、更にこの思いが加速していきました。

盲目のピアニストの辻井伸行さんや、ダウン症がある書家の金澤翔子さんなど、障害がありながら才能を開花させている人たちをテレビで見ると、息子への期待値もドンドン高くなっていきました。

特にノーベル文学賞作家の大江健三郎さんのご子息・作曲家の大江光さんがピアノを演奏している姿を見て、奮い立ってしまいました。光さんは知的障害があり、「幼少期から野鳥の声を正確に聞き分けて名前を言い当てていた」というエピソードに息子の姿が重なったからです。

息子も耳の良さを生かして、カラスや鳩の鳴き声を聞いて「はしぶとがらす」「どばと」「かわらばと」と言い当てて、絵もよく描いていました。将来、テレビで「お子さんの成功はお母さんの努力の賜物ですね」とインタビューを受ける姿を妄想しました。


天才ピアニストを目指す

聴覚過敏の息子をピアニストに!?自閉症の息子の「才能探し」に奔走した日々を振返って思うことの画像
Upload By 立石美津子

息子が4歳になったとき、有名なピアノ教室に、片道1時間半かけて通わせることにしました。

レッスンのなかに14種類の和音を聞き分ける絶対音感獲得のための訓練がありました。通常は 最低1年は要すと言われ、長い子だと習得に数年かかるものでしたが、息子はたった2ヶ月ですべての和音をピタリと当てるようになりました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.