子育て情報『聴覚過敏の息子をピアニストに!?自閉症の息子の「才能探し」に奔走した日々を振返って思うこと』

聴覚過敏の息子をピアニストに!?自閉症の息子の「才能探し」に奔走した日々を振返って思うこと

2018年6月23日 11:00
 

『子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』著者の立石美津子です。


自閉症の息子、将来はピアニストか調律師に…!?

聴覚過敏の息子をピアニストに!?自閉症の息子の「才能探し」に奔走した日々を振返って思うことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10165000833

17歳の息子には聴覚過敏があります。そのせいで、乳幼児期は掃除機、ドライヤー、洗濯機、赤ちゃんの泣き声など、多くの音を嫌がりました。

生後4ヶ月のとき、お腹にいるころから胎教でずっと聴かせていた“ヴィバルディの四季”のCDが壊れて聴くことができなくなりました。そこで、同じ曲ですが、違うオーケストラが演奏するCDを買ってきたところ、特定箇所になると火がついたように泣くのです。

さらに数か月後、胎教で聴かせていたのと同じオーケストラが演奏するCDを買って聴かせたら、今度は同じ箇所でも泣かなかったのです。

この様子を見て、「この子はきっと耳がいいんだ!これを生かして職業に就かせ自立させよう」と思い立ちました。


有名人に憧れた、息子の幼少期

聴覚過敏の息子をピアニストに!?自閉症の息子の「才能探し」に奔走した日々を振返って思うことの画像

Upload By 立石美津子

息子が自閉症であることが分かってからは、更にこの思いが加速していきました。

盲目のピアニストの辻井伸行さんや、ダウン症がある書家の金澤翔子さんなど、障害がありながら才能を開花させている人たちをテレビで見ると、息子への期待値もドンドン高くなっていきました。

特にノーベル文学賞作家の大江健三郎さんのご子息・作曲家の大江光さんがピアノを演奏している姿を見て、奮い立ってしまいました。光さんは知的障害があり、「幼少期から野鳥の声を正確に聞き分けて名前を言い当てていた」というエピソードに息子の姿が重なったからです。

息子も耳の良さを生かして、カラスや鳩の鳴き声を聞いて「はしぶとがらす」「どばと」「かわらばと」と言い当てて、絵もよく描いていました。将来、テレビで「お子さんの成功はお母さんの努力の賜物ですね」とインタビューを受ける姿を妄想しました。


天才ピアニストを目指す

聴覚過敏の息子をピアニストに!?自閉症の息子の「才能探し」に奔走した日々を振返って思うことの画像
Upload By 立石美津子

息子が4歳になったとき、有名なピアノ教室に、片道1時間半かけて通わせることにしました。

レッスンのなかに14種類の和音を聞き分ける絶対音感獲得のための訓練がありました。通常は 最低1年は要すと言われ、長い子だと習得に数年かかるものでしたが、息子はたった2ヶ月ですべての和音をピタリと当てるようになりました。

先生から「今まで指導したお子さんのなかで一番早くマスターしました」と言われ、有頂天になりました。

「ピアニストにするには電子ピアノではダメだ」と思い、中古でしたが30万円するピアノを買いました。当時は狭小住宅に住んでいたので置き場所がなく、ベッドを捨てて布団に変え、ピアノを置くスペースを確保しました。


たった1年で挫折

聴覚過敏の息子をピアニストに!?自閉症の息子の「才能探し」に奔走した日々を振返って思うことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10172000687

けれども、ピアノ教室は1年後に退会することになりました。30万円した中古のピアノは、3万円で引きとってもらうことに…。耳はよくても、息子にとってピアノはまったく興味を持てないものだったからです。興味を示さないどころか、練習をひどく嫌がりました。

もしかして、聴覚過敏によりピアノの音が耐えられなかったのかもしれません。


あれから約13年、息子は「トイレ博士」に!?

聴覚過敏の息子をピアニストに!?自閉症の息子の「才能探し」に奔走した日々を振返って思うことの画像

Upload By 立石美津子

あれから、約13年が経ちました。息子の“耳がいい”という特性は今、“利き酒”ならぬ“聞きトイレ”に生かされているようです。「トイレの流れる水の音を聞いて、便器の型版を当てられる」という特技があるのです。

聴覚過敏の息子をピアニストに!?自閉症の息子の「才能探し」に奔走した日々を振返って思うことの画像

Upload By 立石美津子

わが家のパソコンにはトイレの水の流れる動画がいつも流れています。描く文章も絵もトイレばかりです。

聴覚過敏の息子をピアニストに!?自閉症の息子の「才能探し」に奔走した日々を振返って思うことの画像

Upload By 立石美津子

けれども「男の子なんだから電車や車や恐竜に興味を持つべきだ、便器なんて変だ」と決めつけるのもおかしな話。食事中以外は見るのを許しています。

スポーツ観戦が好きだけれども運動が嫌いな人、食べ歩きは好きだけれど自分で料理をつくるのは苦手な人がいるように、絶対音感があっても自分で音楽を奏でるのが嫌いな人もいる、私はそのことに気がついていなかった“おめでたい親”でした。

本人が好きなことと、持っている能力は別物なのです。「好きなこと」と「能力」がかけ合わさることで、「才能」になるだろうと今は考えています。


「才能探し」に奔走する前に…

聴覚過敏の息子をピアニストに!?自閉症の息子の「才能探し」に奔走した日々を振返って思うことの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161019205

「私の子どもは自閉症なんです」というと、「だったら秀でた隠れた才能がきっとあるはずよ、将来の仕事に生かして」と励ましてくれる人がいます。私のことを勇気づけるつもりで言ってくれています。決して悪気はないのも分かります。かつての私もそう考えていましたから…。

けれども、才能の温泉を掘りあてよう、職業に生かそうと保護者が頑張りすぎてしまい、潰れてしまう子もいるのではないでしょうか。子どもが何をしていると幸せなのか、「まず子どもの心に聞いてみることを忘れてはいけないなぁ」と思うのです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.