子育て情報『自閉症の息子の「好き」にとことん寄り添ってくれた居場所――放課後等デイで過ごした12年間を振り返って』

2019年4月18日 12:00

自閉症の息子の「好き」にとことん寄り添ってくれた居場所――放課後等デイで過ごした12年間を振り返って


小学校入学を前に、放課後の居場所探しをスタート

『発達障害に生まれて』(松永正訓著/中央公論新社)のノンフィクションのモデルとなった立石美津子です。

自閉症の息子は、保育園を卒園したら都立の特別支援学校に入学することが決まっていました。下校時間は14時で、それ以上に延長して滞在できる制度等はなく、その代わりに近隣の区立小学校の学童クラブを利用できることになっていました。

そこで私たちは、まずこの学童クラブを見学しました。ここは特別支援学校の生徒も通うことができますが、基本的には通常学級に在籍する子どもが多く通う学童クラブです。

低学年の子ども達が宿題をしていたり、子ども同士でトランプをしていたりと、自由で楽しそうな雰囲気…。でも、自閉症の息子は「ここで自由に過ごしていいんだよ」と言われると、見通しが立たず不安になり、かえって戸惑うだろうと感じました。それに、友達と雑談したりゲームをしたりすることも難しいのではとも思いました。


障害児が通う「放課後等デイサービス」を見学に行くと…

そこで、障害がある子だけが通う放課後等デイサービスを探すことにし、早速見学に行くことにしました。ここに来る子どもは皆、障害があるので、それぞれの特性に配慮された過ごし方をすることができます。ただ、小学生のみが通う区立の学童クラブと違って、小学生から高校生まで幅広い年齢の子どもが集まります。

私たちが見学に行った時に目にしたのは、身長180cmくらいはある自閉症の高校生が、大きな声を発しながらピョンピョン跳ねている姿。当時6歳だった息子は、食物アレルギーで食べられるものが少ない上、舌の感覚過敏もあり、超偏食でとても小柄でした。

自閉症の息子の「好き」にとことん寄り添ってくれた居場所――放課後等デイで過ごした12年間を振り返っての画像

Upload By 立石美津子

「こんなに小さい息子が、体格のいい高校生たちと一緒に過ごせるのだろうか…」と、一瞬入会をためらってしまいました。

でも、やはり息子の特性に配慮された環境で過ごす方が良いだろうと考え、結局は放課後等デイサービスに通うことに。そしてつい先日、18歳で特別支援学校の高等部を卒業するまで、実に12年間をそこで過ごすことになったのです。


放課後等デイサービスでの過ごし方

現在は放課後等デイサービスでもさまざまな特色が打ち出されており、パソコン学習や就労訓練をする施設や、個別療育をうたっている施設、医療的ケアが必要な子どもが通える施設など、選択肢も多くなりました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.