子育て情報『親はヒヤヒヤ!「それ言っちゃダメ」な自閉症息子の発言。成長と課題を感じる、18歳の夏』

2019年8月1日 07:00

親はヒヤヒヤ!「それ言っちゃダメ」な自閉症息子の発言。成長と課題を感じる、18歳の夏


担任に向かって「3年生になったら違う担任の先生になったらよい」

『発達障害に生まれて』(松永正訓著/中央公論新社)ノンフィクションのモデルとなった立石美津子です。

親はヒヤヒヤ!「それ言っちゃダメ」な自閉症息子の発言。成長と課題を感じる、18歳の夏の画像

Upload By 立石美津子

特別支援学校高等部2年生のときの出来事です。

保護者会で担任から「立石君から『3年生になったら違う担任の先生になったらよい』と言われました。正直な気持ちなんでしょう」

背中から冷や汗が出ました。でも、もしかして本音だったのかもしれません。

息子は相手の立場に立ってものごとを考えることが難しく、思ったままを口に出してしまうのです。


タクシーの運転手さんに「この人、慣れていないね~」、強面のお兄さんに「携帯電話はご遠慮ください」

タクシーに乗った時、運転手さんが道を間違えました。すると息子が大声で「この人、慣れていないね~」と言いました。焦りました。

小学校6年生のとき、渋谷の東急デパートのレストランに入りました。壁に「携帯電話はご遠慮ください」の貼り紙がありました。ところが、隣の席の強面のお兄さんが携帯電話で喋り出しました。すると、息子はそのポスターに書かれた文字を見て、「携帯電話はご遠慮ください!」と大きな声で読み上げました。

強面のお兄さんは驚いてそそくさと携帯をカバンにしまいました。


来客中、脱衣所のドアを開けてしまう

お風呂から上がると、暑くて、裸のまんまリビングをウロウロしてしまうことがあります。

ある晩、お客さんが来ていたときのこと、息子が風呂に入りました。「今日はお客さんが来ているから、お客さんの前に裸のままで出てきたらダメよ」と事前に注意しておきました。

すると、脱衣所のドアを裸のまま開けてしまいました。居間には入ってきていないですし、お客さんからは離れてはいましたが…裸が丸見え、意図が伝わっていませんでした。

「『今日はお客さんが来ています。家族ではないお客さんに裸を見せてはいけないから、お風呂から上がったら脱衣所で服を着てからドアを開けてね。』」と言えば良かった」と反省…。

これも、失言と同じで「その意味していることが分からない」例です。自閉症の息子は、応用や般化がなかなかできません。


応用は難しい。でもコツコツと…

息子は5歳まで言葉を喋りませんでした。そのころは、自閉傾向があっても、ベラベラしゃべるお友達を見て「羨ましいなあ~」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.