子育て情報『プールで泳がず走る?「今晩のごはんは?」で白米の写真…!?自閉症息子への伝え方は「丁寧に、具体的に、分かりやすく」がキモ』

2019年9月3日 07:00

プールで泳がず走る?「今晩のごはんは?」で白米の写真…!?自閉症息子への伝え方は「丁寧に、具体的に、分かりやすく」がキモ


プールの中を走った生徒たち

『発達障害に生まれて』(松永正訓著/中央公論新社)ノンフィクションのモデルとなった立石美津子です。

数年前の夏、当時息子が通っていた特別支援学校高等部の学校公開、体育のプールの授業でのことです。先生がプールサイドから「今からリレーをします」と指示を出した直後、水の中を走った生徒が数人いました。私はその様子を見学していて「あの子とあの子は泳げないから、水の中を早歩きするんだ」と思いました。

ところが、しばらくしてその様子を見ていた先生が「先生の言い方がいけなかったね。水の中では泳いでください」と訂正しました。修正後、生徒達はゴールまで泳いで行きました。

息子が通っていた特別支援学校高等部では、自閉症がある生徒の占める割合が多かったのです。そして自閉症には「想像力の障害」があるので、具体的に伝えないと理解できないという特性があります。

さすが、特別支援に関わるプロ集団、泳がない子を叱るのではなく、先生自身の指示の出し方を謝り訂正していました。


似たようなことが、日常生活の中に転がっていた

息子がショートステイを利用したとき、どんな食事が提供されているのか知りたくて、SNSで「今晩のごはんの写真送って」と連絡しました。

すると…
白飯の写真が送られてきました。

プールで泳がず走る?「今晩のごはんは?」で白米の写真…!?自閉症息子への伝え方は「丁寧に、具体的に、分かりやすく」がキモの画像

Upload By 立石美津子

後日、「今晩の献立を知りたいから、おかずもご飯も全部うつっている写真を送って」と伝えたら、献立の写真が送られてきました。

プールで泳がず走る?「今晩のごはんは?」で白米の写真…!?自閉症息子への伝え方は「丁寧に、具体的に、分かりやすく」がキモの画像

Upload By 立石美津子


バスで「手帳だけ」見せて乗車しようとする

息子は4月から就労移行支援事業所に、電車とバスを使って1人で通っています。愛の手帳(=療育手帳)は2種なので電車は半額にはなりませんが、バスは半額で乗ることができます。

ですので、「バスに乗るときは“愛の手帳(療育手帳)”を運転手さんに見せてね」と伝えていました。

すると帰宅後、「バスの運転手さんに怒られた!むかつく!」と叫ぶのです。2日目も、3日目もずっと言い続けるので、なぜだろうと思ってバス会社に問い合わせをしてみました。バス会社:「変ですね。愛の手帳2種は半額なので、手帳を提示すれば半額になるはずです。職員に周知徹底していますから」と言われました。
私:「????」


障害者手帳だけ見せればいいと思っていた

息子に詳しく聞いてみたところ、どうも手帳を見せるだけで乗車しようとしていたのでした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.