子育て情報『自宅にいながら放デイ・児発の支援が受けられる「オンライン支援」って?すでに実践した自治体も!【 新型コロナ関連 】』

2020年4月6日 10:00

自宅にいながら放デイ・児発の支援が受けられる「オンライン支援」って?すでに実践した自治体も!【 新型コロナ関連 】


電話でもいい?PCがないとできない?施設側も保護者さまも初めてだらけの「オンライン支援」を解説

新型コロナウイルスの影響は、世界的にも大きくなってきています。日本でも、感染防止のための休校措置が長期化する地域が出てきています。

そのような状況で、放課後等デイサービスの利用を控えるご家庭もあるなか、感染の不安なく必要な支援につながれる施策のひとつととして「オンライン支援」が可能となっています。

2020年4月2日の厚労省通達でも改めて、通所が前提となる支援以外の選択肢である「オンライン支援」実施について、各エリアの感染拡大状況に応じて自治体と放課後等デイサービス双方への柔軟な対応を求める内容が記載されました。通達には児童発達支援事業も対象である旨も明記されています。

お子さま、職員双方の安全と安心を守りながら、支援を途切れさせない手段としての「オンライン支援」。どのような支援の形が必要とされているのでしょうか。

発達ナビでは、

1、自治体承認と保護者さまからの依頼でできる放デイ・児発の「オンライン支援」
2、厚労省通達の「オンライン支援」で認められている支援内容は?
3、必ず必要な「自治体確認」――その手順を、実施した自治体含めて解説

という項目で、支援実績になる要件、オンラインでする支援内容、実際に実施している自治体など初めての試みに対して、実施するまでのフローや自治体への確認事項、施設側、保護者さま側で大切にしたいポイントなどをまとめたコラムを発達支援施設向け特設サイトにてリリースしました。

https://h-navi-biz.jp/
発達支援施設向け新型コロナウイルス関連情報サイトはコチラ

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.