子育て情報『書き方が違う!週1提出が限界!過去のことに興味なし!中学時代の「毎日ノート」宿題、ADHD息子にハードルが高すぎたワケ』

2020年5月20日 11:00

書き方が違う!週1提出が限界!過去のことに興味なし!中学時代の「毎日ノート」宿題、ADHD息子にハードルが高すぎたワケ


中学校の『毎日ノート』、その名の通り毎日提出するものだったけれど...

書き方が違う!週1提出が限界!過去のことに興味なし!中学時代の「毎日ノート」宿題、ADHD息子にハードルが高すぎたワケの画像

Upload By かなしろにゃんこ。

ADHD息子リュウ太が通っていた中学校では、全生徒が取り組む宿題、「毎日ノート」というものがありました。この毎日ノートは名前の通り、“毎日書いて提出するもの”です。

日々の授業で学んだことを振り返り、印象に残ったことを書くことになっていました。そして、毎日ノートを提出するたび、教室の壁にある「チャレンジシール」の台紙に1つずつシールを貼ることができる決まりでした。

「毎日提出するように」と学校から言われていますし、教室の壁に貼ってあるチャレンジシール台紙を見れば個人の提出率もわかってしまうので、大半の生徒がきっちり取り組んで提出していました。

書き方が違う!週1提出が限界!過去のことに興味なし!中学時代の「毎日ノート」宿題、ADHD息子にハードルが高すぎたワケの画像

Upload By かなしろにゃんこ。

しかし、息子は全く提出しようとしませんでした。ナゼやらないのかと本人に聞いてみると、「何を書いていいのかわからない」といいます。「毎日ノートにはその日の印象に残ったことを書こう!」と先生は言っていましたが、息子は印象に残ったことを思い出すことができず、提出できないのです。


先生に促されて提出するように。でも中身は!?

書き方が違う!週1提出が限界!過去のことに興味なし!中学時代の「毎日ノート」宿題、ADHD息子にハードルが高すぎたワケの画像

Upload By かなしろにゃんこ。

そして、ほとんど提出できないまま1年生の1学期が過ぎ、息子のチャレンジシール台紙にはシールが3枚だけ...

面談で先生から「毎日ノートをちゃんと提出するように」と注意を受けて、さすがの息子もきちんと書いて出すようになったのですが…

書き方が違う!週1提出が限界!過去のことに興味なし!中学時代の「毎日ノート」宿題、ADHD息子にハードルが高すぎたワケの画像

Upload By かなしろにゃんこ。

ある日息子の毎日ノートを覗いてみると、なんと中身がただの日記になっていたのです。

先生の言った「印象に残ったことを書く」という言葉を額面通りに受け取り、本当に“学校で1日すごした中で印象に残ったできごと”をそのまま書いていたのです。

書き方が違う!週1提出が限界!過去のことに興味なし!中学時代の「毎日ノート」宿題、ADHD息子にハードルが高すぎたワケの画像
Upload By かなしろにゃんこ。

私は、そうじゃねーーーーよ!(笑)と心の中でツッコミました。毎日ノートはもともと復習のためのものです。先生は「受けた授業の中で印象に残ったことをノートに表現しよう」と伝えたかったのですが、息子はそれを全く理解できておらず、休み時間などに友人とどんなことをしたかを中心に書いていたのです。

反抗期なので正面から「書き方が違う!」と否定をすると、その後一切やらなくなる可能性があったので、2学期の面談のときに先生に「息子に書き方の説明をして欲しい」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.