子育て情報『【発達凸凹長男の中学校受験】本番3週間前に第一志望を変更…!?塾、療育、家庭の三位一体でラストスパート!【第6話】』

2020年6月29日 07:00

【発達凸凹長男の中学校受験】本番3週間前に第一志望を変更…!?塾、療育、家庭の三位一体でラストスパート!【第6話】

と言いました。長男は「うん!入れたらすごい!」と言い笑っていました。見通しが立つ子だったら士気が下がる可能性もあるのかもと思いましたが、この時ばかりは「見通しが立ちづらい子で良かった」と受験を通して思える様になりました。

直前は本当に「なる様になる」という気持ちで、もし本番で試験に受け続けることに疲れたなら本人の気持ちを大事にしようと思いました。


そして当日…午前は好調!午後で不安に

【発達凸凹長男の中学校受験】本番3週間前に第一志望を変更…!?塾、療育、家庭の三位一体でラストスパート!【第6話】の画像

Upload By スガカズ

午前は調子よく取り組むことができた様です。

しかし、午後受験では問題の難易度がぐっと上がったこともあり、書けない所がちらほらあった様子。

何時間もテストに向かうのは流石に疲れた様で、帰り道は「疲れた〜」「午後は自信ないなぁ…」と何度ももらしていました。午前の結果は夜にわかるのですが、次の日も午前、午後と試験が入っているので、午後のテストで解けなかった部分や漢字の勉強をして過ごしました。

【発達凸凹長男の中学校受験】本番3週間前に第一志望を変更…!?塾、療育、家庭の三位一体でラストスパート!【第6話】の画像

Upload By スガカズ

そしてその日の夜、受験した人数が昨年よりかなり増えたとの事で、予定していた時間から大幅にずれ、22時ごろに結果が発表されました。

…無事に合格しました。

あまりはしゃぐタイプの子ではないのですが、長男は両手を挙げて喜んでいました!

【発達凸凹長男の中学校受験】本番3週間前に第一志望を変更…!?塾、療育、家庭の三位一体でラストスパート!【第6話】の画像

Upload By スガカズ

「諦めないでよかった」と本人は言っていましたが、私も同じ気持ちでした。本当に長かったしいろんな方に助けられた一年でしたが無事に終わりました。


なぜ1校に絞った?振り返ると私に反省点

今回ドタバタな中で模索した中学受験でしたが、振り返ってみると1つ反省点がありました。それは、1月に他県で試験を受けた際の学校選び。わが家は東京に住んでいるのですが、2月が本番で近隣で1月本番の県がある場合、「お試し受験」を受ける家庭が多いのだそうです。近くの県が1月本番だったので、家から比較的近くて偏差値が合っている1校を受けました。

結果合格をいただき本人も自信がついたわけですが、うれしさのあまり「F中学校に合格しない場合は、(1月受験で合格した)他県の中学校に通う」と本人が決めたのです。

他県を先に受ける場合はたとえ目的が「入学」ではないにしても、「本人に合う学校」を選んだ方がリスク回避になると感じました。

それには、受験を決めたころからもっと全体を見据えて行動しておけばよかったのかも知れません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.