子育て情報『「息子さんがパニック」就労支援事業所からの電話に「家でも暴れるかも」と覚悟したけれど。まっすぐ帰宅しなかった息子の変化』

2020年9月1日 07:00

「息子さんがパニック」就労支援事業所からの電話に「家でも暴れるかも」と覚悟したけれど。まっすぐ帰宅しなかった息子の変化


就労移行支援事業所でのパニック

自閉症の息子は就労移行支援事業所に通所しています。先日、支援員から「パニックになっている」と電話がありました。支援員からの話の概要はこのようなものでした。

「パソコンの訓練中、データを消してしまいました。自分がやったことに対して、自分自身が許せなかったようで、『悔しい』と言いながら目に涙を浮かべ、手をワナワナさせていました。

クールダウンする小部屋があるので、そこでの休憩を伝えました。部屋で手をブラブラ揺すっていましたが、自傷せず冷静にしようと努力していました。紙に書く、音楽を聴く、裏紙をびりびり破く、プチプチを潰すなどの対処法を薦めても『大丈夫です』と答えました。

感情のコントロールやイライラなどの課題に取り組む機会が少なかったため、貴重な時間となりました」


ワンクッションを息子自らおく

丁度その日は、事業所からの帰りに毎週楽しみにしている“放課後等デイサービスの卒業生の集まり”があったのですが…

その施設から「立石君から電話がありました。気分が優れず銀座線を見て家に帰るので、欠席するとのことでした」という連絡が入りました。

「息子さんがパニック」就労支援事業所からの電話に「家でも暴れるかも」と覚悟したけれど。まっすぐ帰宅しなかった息子の変化の画像

Upload By 立石美津子

私は「好きな電車を見てから、直帰する?集会も気分転換になるのに…」と思いました。
と同時に「ワンクッション置かずに家に帰ってくると、家で暴れて、私に当たり散らして大変なことになるぞ」と予想し、携帯の位置情報を確認しつつも、息子の帰宅を恐る恐る待っていました。

「息子さんがパニック」就労支援事業所からの電話に「家でも暴れるかも」と覚悟したけれど。まっすぐ帰宅しなかった息子の変化の画像

Upload By 立石美津子


息子、帰宅しても暴れない…!

しばらくすると、息子がドアをバーーーーーーンと開けて、物凄い勢いで家に入ってきたのですが…物を壊すこともなく、私に暴言を吐くこともなく、自傷することもなく…

「今日は9時30分に寝る!」(←本当は9時55分に寝たい)
「今日はトイレの動画を見ない!」(←本当は見たくて仕方がない)

と自分が一番望んでいない言葉を叫びました。これも一種の自傷で、身体を傷つけるのではなく、気持ちを傷つけているのです。


急成長を感じた

最近までパニックを起こすと手を付けられない状態になっていました。自宅だけでなく、外で物を壊してしまうこともありました。

「息子さんがパニック」就労支援事業所からの電話に「家でも暴れるかも」と覚悟したけれど。まっすぐ帰宅しなかった息子の変化の画像

Upload By 立石美津子

「息子さんがパニック」就労支援事業所からの電話に「家でも暴れるかも」と覚悟したけれど。まっすぐ帰宅しなかった息子の変化の画像

Upload By 立石美津子

でも、今回は違い、成長が見られました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.