子育て情報『「自閉症ではないですよ」と言ってほしい――否定や才能探しに明け暮れ、揺れ動いた心。医師のある言葉にハッとさせられて』

2020年10月18日 08:00

「自閉症ではないですよ」と言ってほしい――否定や才能探しに明け暮れ、揺れ動いた心。医師のある言葉にハッとさせられて


受け入れられなった頃

次はキューブラー=ロスの“死ぬ瞬間”という書籍で書かれていることです。

【否認・隔離】
自分が死ぬということは嘘ではないのかと疑う段階である。

【怒り】
なぜ自分が死ななければならないのかという怒りを周囲に向ける段階である。

【取引】
なんとか死なずにすむように取引をしようと試みる段階である。何かにすがろうという心理状態である。

【抑鬱】
なにもできなくなる段階である。

【受容】
最終的に自分が死に行くことを受け入れる段階である。

これは、死を受け入れる過程として書かれていることですが、障害受容のときも同様ではないかと思います。

息子は2歳で自閉症と診断されました。私は、診断した医師を「ヤブ医者だ」と恨み、診断を受け入れることが出来ませんでした。

否認→怒り→取引→抑鬱→受容

・私も誤診と思い(否認)

・定型発達の子と比較して、「どうしてうちの子が」と(怒り)を感じ

・「自閉症ではないですよ」と言ってくれる医師を探しドクターショッピング、何かにすがろうと療育に期待しました(取引)。

でも、自閉症が治るわけではなく定型発達の子どもとの差はますます開くばかりで(抑鬱)状態に陥りました。


受容のきっかけ

受容のきっかけは、ある医師の言葉でした。

息子は当時、ある病院内で行われていた療育に通っていました。この病院は既に廃院となりましたが、入院病床が260床以上ある、精神科に特化した18歳までの子ども専門の精神科の病院でした。

ある日、療育開始時刻よりも早く到着してしまいました。時間を潰すため、病院内の敷地を散歩しているとき、ふと鉄格子が目に入りました。

「自閉症ではないですよ」と言ってほしい――否定や才能探しに明け暮れ、揺れ動いた心。医師のある言葉にハッとさせられての画像

Upload By 立石美津子

「ここは精神科の病院だから鉄格子があるんだ」と思いました。近づいてみると、鉄格子越しに、小学校くらいのまだ幼い子が一人でいる姿が見えました。

部屋にはベットと椅子、そして自傷を防ぐために身体拘束をするためのベルトもありました。

「自閉症ではないですよ」と言ってほしい――否定や才能探しに明け暮れ、揺れ動いた心。医師のある言葉にハッとさせられての画像

Upload By 立石美津子

「自閉症ではないですよ」と言ってほしい――否定や才能探しに明け暮れ、揺れ動いた心。医師のある言葉にハッとさせられての画像

Upload By 立石美津子

私は診察時に医師に「まだ小さな子がなぜ、入院しているんですか?」と尋ねました。

医師は

「この病院には家族が障害を受容していないために適切な育成環境を与えられないなどが原因で、二次障害を起こし入院している子が多くいます。ベットはほぼ満床です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.