子育て情報『新学年、想定外の担任交代でも安心できた理由とは?特別支援学級の先生と続けている2つのこと』

2021年6月9日 14:15

新学年、想定外の担任交代でも安心できた理由とは?特別支援学級の先生と続けている2つのこと


2、3年生のときの担任の先生は、親子共々相性ピッタリ!

広汎性発達障害の娘は、小学5年生。
小学2年生から特別支援学級に在籍し、娘を見てくれた担任の先生は、今年で3人目です。

新学年、想定外の担任交代でも安心できた理由とは?特別支援学級の先生と続けている2つのことの画像

Upload By SAKURA

特に小学2、3年生を担当してくれた先生は、1年生のとき、次年度(2年生)からの特別支援学級在籍が決まってからの慣らし時間も含めて、長い時間を娘と過ごしてくれました。

私も娘も、この先生が大好きでした。
娘のことをいつも褒めてくれ、私のことをいつも労ってくれる優しい先生で、「不安なことや心配なことはいつでも連絡ください」とメールアドレスも教えてくれ、私の個人的な相談にもたくさん乗ってくれました。

新学年、想定外の担任交代でも安心できた理由とは?特別支援学級の先生と続けている2つのことの画像

Upload By SAKURA

細かいことによく気がつく先生で、特別支援学級専用の連絡帳もつくってくれ、「今日は○○をしました」「○○を頑張りました」「○○の話をしました」という話を、先生は毎日びっしりと、書き込んでくれました。
私からは、家であったことやパニックを起こしたときはその詳しい内容も書き、先生はそれを参考にしながら娘に接してくれていたそうです。

密に連絡を取り合っていたおかげか、娘は日々とても安定していて、先生のことを、とても信頼していました。


すっかり慣れた先生が代わる!?新しい先生に望んだことは…

そんな先生が、担任ではなくなったのは、小学4年生のとき。
私は、卒業まで見てほしいと思っていたので、正直とても残念でした。

小学4年生、新しく担任になったのは、男の先生。
娘は、学校内でその男の先生と何度も話したことがあるようで、問題なさそうでしたが、私はまったく面識のない先生でした。
見た感じちょっと怖そうで、今までのように気軽にやり取りができるような雰囲気の先生ではありませんでした。

新学年、想定外の担任交代でも安心できた理由とは?特別支援学級の先生と続けている2つのことの画像

Upload By SAKURA

そこで私は、前任の先生と、新しい先生と、私の三人での面談をお願いしました。
前任の先生から娘の特性を聞いていたようでしたが、私からも、もう一度、娘の特性や、こだわり、パターン、落ち着く方法などを話しました。
新学年、想定外の担任交代でも安心できた理由とは?特別支援学級の先生と続けている2つのことの画像

Upload By SAKURA

そして私は、前任の先生と2年間続いていた連絡帳を、新しい先生にも引き続きやってほしいと頼みました。
気軽に言える雰囲気ではないからこそ、連絡帳なら書けると思ったのです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.