子育て情報『2歳から始まった自閉症息子の偏食。罪悪感に悩むも夫の意外な一言に救われて⁉保育園年中から変化も』

2021年6月12日 14:15

2歳から始まった自閉症息子の偏食。罪悪感に悩むも夫の意外な一言に救われて⁉保育園年中から変化も


食べられるのはこれだけ!!ほぺろうの偏食事情

2歳から始まった自閉症息子の偏食。罪悪感に悩むも夫の意外な一言に救われて⁉保育園年中から変化もの画像

Upload By ぼさ子

自閉症と知的障害のある現在5歳のほぺろう。実は1歳ごろまではブロッコリーやキュウリなど緑の野菜も食べていたのですが、2歳を過ぎたあたりから自閉症の特性なのか、どんどん食材の拒否が激しくなり、やがて緑の野菜はおろか肉類も受け付けなくなり、限られたものしか口にしなくなりました。

ほぺろうが食べてくれるものは、米、うどん、そば、火を通した魚、さつま揚げ、豆腐、カボチャ、ニンジン、イモ類、シメジ、野菜ジュース、果物、お菓子少々…以上。驚異の少なさです。(気に入ったものはいくらでも食べる)

しかもほぺろうは見た目重視らしく、『茶色い料理』でなければ味見すらしません。
どんなに好みに合いそうな味付けであっても、見た目の一次審査を通らなければどんなに勧めても一切拒否!!

自宅でも対応が大変なのに いろんな種類のおかずがある保育園の給食はもっと大変で、問題は食べてくれないことだけにとどまらず、空腹による苛立ちで癇癪を起こし、お昼寝時間に泣き暴れるという事態に。
保育園の先生は「お母さん、気にしないで!焦らず様子を見ましょう」と言ってくれるけど、ほぺろうだけ別室移動で先生を付き合わせたり、お友達の眠りの妨げになっていたりで多大な迷惑を掛けている事は間違いなし。

2歳から始まった自閉症息子の偏食。罪悪感に悩むも夫の意外な一言に救われて⁉保育園年中から変化もの画像

Upload By ぼさ子

好き嫌いの範囲を超えた偏食のせいで保育園に毎日迷惑を掛けていること、そして何より 子どもにとって必要な栄養バランスが摂れていないこと…
母親としての責務を果たせていないと感じ、私にとってほぺろうの偏食は『罪悪感』でしかありませんでした。


偏食への罪悪感を持つ母。そこに夫の言葉が…

一人で悶々と悩む私。とりあえず少しでも癇癪を抑えるために、栄養無視の食べられる食材だけのごはんをほぺろうに与える日々を送っていました。

「こんなんじゃダメだよね…ほぺろう病気になっちゃう…」と暗く呟いていたら、夫ぺー太が「えー?大丈夫じゃなーい?」と能天気な返事。他人事か?と思っていたら意外な続きが…「だって俺、中学になるまで一切野菜食べなかったもん!」

2歳から始まった自閉症息子の偏食。罪悪感に悩むも夫の意外な一言に救われて⁉保育園年中から変化もの画像

Upload By ぼさ子

…はい!?私は耳を疑ったというか、度肝を抜かれました。
中学になるまでって…本当にそんな人間いるのか?と思い、義母(ぺー太の母)に聞いてみました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.