子育て情報『発達障害娘の習い事問題。「発育の刺激になれば」と始めたダンスが順調!ピアノも追加してみたら…【前編】』

2021年7月14日 14:15

発達障害娘の習い事問題。「発育の刺激になれば」と始めたダンスが順調!ピアノも追加してみたら…【前編】


どんな習い事をさせるべき?

現在小学5年生の娘は、4歳のときに広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)の診断がつきました。

それより前の、3歳(まだ診断はつかずグレーゾーン)のとき、私たちは少しでも発育の刺激になればと、娘に初めての習い事をさせることにしました。

発達障害娘の習い事問題。「発育の刺激になれば」と始めたダンスが順調!ピアノも追加してみたら…【前編】の画像

Upload By SAKURA

ひとことで習い事と言っても、いろいろ種類があります。体操教室、水泳などの身体を動かす、スポーツ系。塾や、英語などの勉強系。絵、ピアノなどの、芸術系。

コミュニケーション能力への刺激を考えると、集団の中で受けるほうがいいのか・・・いろんなことを考え、どんな習い事にするかとても迷いました。この時期の娘は、少しだけしゃべれるようにはなっていましたが、自分のやりたいことや興味のあることを自分で言えない状態でした。私たちは娘の普段の様子から、どんなことなら興味を持つか、楽しいか、推理するしかありませんでした。


たまたま近所にあった、ダンス教室。

少し時間をかけて考えていたとき、娘と散歩から帰宅した旦那が・・・

発達障害娘の習い事問題。「発育の刺激になれば」と始めたダンスが順調!ピアノも追加してみたら…【前編】の画像

Upload By SAKURA

家の近くにダンス教室があると教えてくれました。通うなら、なるべく近いほうがいいと考えていた私。歩いていける距離にあるのは、嬉しいことです。娘も、音楽に合わせて身体を動かすことは好きなように見えましたし、ダンスなら集団だろうし、コミュニケーション面での刺激も期待できるかも!そう考えた私は、とりあえず見学に行くことにしました。


不安いっぱいの中の見学。しかし・・・

当時、娘はしゃべることは少しずつできていたものの、ちゃんとした会話はなかなか成立せず、相手の指示は聞き取れない状態。見学に行く途中、私は「こんな状態の娘でも受け入れてくれるのか・・・」「入会を断られるのではないだろうか・・・」という不安がめぐっていました。

発達障害娘の習い事問題。「発育の刺激になれば」と始めたダンスが順調!ピアノも追加してみたら…【前編】の画像

Upload By SAKURA

見学当日の娘は、まったく緊張することもなく躊躇なく集団の中に一人で入って行き、和気あいあいと体験することができました。
発達障害娘の習い事問題。「発育の刺激になれば」と始めたダンスが順調!ピアノも追加してみたら…【前編】の画像

Upload By SAKURA

特に、言葉のやり取りがうまくいかなかったり集団を乱したりすることはなく、楽しそうな娘を見て「入会しようかな」という気持ちになっていましたが、「娘の発育が遅れている、言葉が苦手」ということを黙って、入会するわけにはいきません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.