子育て情報『自閉症の息子の質問は「オウム返し」するまで続く…。「傾聴」と「承認」が息子の心を安定させると気づいて』

2022年1月10日 14:15

自閉症の息子の質問は「オウム返し」するまで続く…。「傾聴」と「承認」が息子の心を安定させると気づいて


息子との会話

自閉症の息子は21歳、会話の中で私の方がオウム返ししてやるまで納得しないことがあります。

例えば…

食事中
息子「お母さん、角煮、残していい?」と嫌いなものを残していいか、いちいち聞いてきます。

私「うん」
納得しない様子です。

そこで
私「いいよ」言い直しました。
それでも納得しない様子です。

私が「角煮を残していいよ」と言うまで何度も聞いてきます。

また、別の場面です。

息子「散歩に行っていい?」

私の「うん」とか「いいよ」の返答に納得しません。
私が「散歩に行ってもいいよ」というまで聞いてきます。

「うん」や「はい」だとおそらく安心できないのでしょう。息子の言った言葉をそのままオウム返ししながら、語尾を変えるまで繰り返し確認してきます。


傾聴ボランティアの講座で

私は独居の高齢者支援をできればと、以前、傾聴ボランティアの研修を受けたことがあります。

そこで学んだことなのですが、次の聞き方をすると、ダメだそうです。

×「うん、うん」「はい、はい」とただ言うだけ

これに対して「良い話の聞き方」は、

○相手の話を全部聞き終わったあと、相手の言った言葉をそのままオウム返しする。

例えば
ご老人が「ときどき、もうこれ以上長生きしたくないと思ってしまうんですよね」と言った場合です。

相手の言葉をさえぎって「そんなこと言ってはダメですよ。もっと長生きしてくださいよ」と励ましの言葉をかけてはいけないそうです。

かといって「そうなんですね」と相手の言葉に共感するのも△、「ときどき、もうこれ以上長生きしたくないと思ってしまうんですね」と相槌を打つのがベストな対応だそうです。そして、相手の話をじっくり聞いたあとに、こちらから何か話をするとよいそうです。これで相手は「自分の話をしっかり聞いてもらえた。理解してもらえた」と思う、とのことでした。

これは“傾聴”と言う方法です。「きく」は漢字で書くと「聞く・聴く」がありますが、「聞く」はただ音声として耳に入ってくる音を聞く、耳を傾けて相手の話を積極的に聞くのが「聴く」なのです。


子どもに対しても同じ

この話は、わが子に対して話をするときも同じだと思います。何でも確認しなくては気が済まない息子、強迫性障害のある息子に対しても同様だということに気がつきました。

「うん」とか「いいよ」ではダメでオウム返しして傾聴する必要がありました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.