子育て情報『たった3分で完成!?忙しいママ必見の離乳食時短テクニック』

2016年6月27日 12:44

たった3分で完成!?忙しいママ必見の離乳食時短テクニック

裏ごししたり、煮てつぶしたり、細かく刻んだり…と手間と時間がかかるイメージが強い離乳食。ほかのお世話でも忙しい時期ですから、少しでも効率化したいですね。そこで、離乳食の本も数多く手がけている帝京科学大学の上田玲子先生に、便利な時短テクニックを教えていただきました。

加熱調理&フリージングを味方につけて時短につなげよう

■新しい調理器具は買わなくてOK!「しっかり加熱」が時短の鍵

目次

・加熱調理&フリージングを味方につけて時短につなげよう
・加熱調理は「ついで調理」「ながら調理」で手間を減らす
・下ごしらえ済みのフリージング食材を使えば3分で完成!


たった3分で完成!?忙しいママ必見の離乳食時短テクニック

離乳食作りの必需品と聞いて真っ先に思い浮かぶのはブレンダーやフードプロセッサー、ミキサーでしょうか?購入を考えているママも多いかもしれませんが、上田先生によると家庭での離乳食作りには実はそれほど向かないんだとか。

「すでに持っている場合は利用してもよいですが、できあがりの分量が多くなりがちなため、冷凍保存しても持てあます可能性があります。なめらかな食感にするには小さめのすり鉢や離乳食用調理セットにある裏ごし器が便利ですが、しっかり加熱しておけばスプーンやフォークでも簡単につぶせることがほとんど。ですから、調理器具を買いそろえるよりも、調理過程を効率化することを最優先に考えるとよいでしょう。」

離乳食用調理セットとは、裏ごしやすりつぶしなど調理プロセスに必要な道具がセットになったもの。少量調理に向いた設計で消毒もでき、コンパクトに収納できるものが多いので、新しく何か買いたいというママは検討の価値ありです。

■加熱調理器具の特徴を知って使いこなそう!

たった3分で完成!?忙しいママ必見の離乳食時短テクニック

離乳食は『ゆでる・蒸す・煮る』という加熱調理が基本。それぞれの調理器具の特徴を知って、食材、作る量に合わせて使いこなすことが時短につながります。

  • 電子レンジ…少量調理は得意中の得意。耐熱皿を使えばだし取りや少量のおかゆ作りもでき、シリコンスチーマーを併用すれば蒸し料理や煮込み料理も簡単に作れる優れものです。
  • 鍋…数回分のおかゆ作りや食材をまとめて加熱するときには電子レンジより早くできます。圧力鍋なら調理時間が大幅に短縮でき、煮立ったらすぐ火からおろして余熱で調理する保温調理鍋は、加熱時間が短いのでそばについている時間の短縮に。
  • オーブン…実は煮込み料理に大活躍。大人のメニューと離乳食で器を分けて同時に加熱することも可能。
■下ごしらえ&主食の保存はフリージングを活用すると便利

下ごしらえに手間がかかる食材や毎日食べる主食は、まとめて作ってフリージング(冷凍保存)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.