子育て情報『産後ママは夏の肌荒れに要注意!日焼け止め選び&食事を見直そう』

2016年7月15日 08:02

産後ママは夏の肌荒れに要注意!日焼け止め選び&食事を見直そう

日増しに強まる日差し…。紫外線対策が気がかりな時期ですが、産後のママは今まで通りのケアをしていると肌荒れにつながることもあるそう!産後だからこそ気をつけたい紫外線対策のポイントを、美容皮膚科「ウォブクリニック中目黒」の高瀬聡子先生に教えてもらいました。

産後ママはホルモンバランスの乱れで肌荒れしやすい!

目次

・産後ママはホルモンバランスの乱れで肌荒れしやすい!
・産後ママでも安心して使える日焼け止めの選び方は?
・食生活を見直して、身体の内側から紫外線対策を!
産後ママは夏の肌荒れに要注意!日焼け止め選び&食事を見直そう

そもそも、紫外線量のピークはいつなのでしょうか?

高瀬先生によると「5月から夏並みに上がり始め、6月で少し下がるものの、7月と8月の紫外線量は一年間でもっとも量が多くなります。その後、9月で少し下がって、紫外線量が落ち着いてくるのは10月」とのこと。これからの季節は、今まで以上に紫外線対策をしっかりしないといけないようです。

特に注意が必要なのが、産後のママ。産後は肌荒れしやすくなるため、これまでと同じようなケアだと、紫外線対策の結果、肌荒れを起こすことがあるそう。

「産後はホルモンバランスが乱れるので、肌が敏感になりやすく、揺らぎやすいのが特徴です。今までは問題なく使っていた化粧品にかぶれたり、肌荒れを起こして吹出物ができたりする方は多いですよ。そのため、日焼け止めも常にビーチ用のような成分の強いものを使うと、肌荒れする可能性が高いです。」

個人差はありますが、産後6カ月〜1年ほどはホルモンバランスの影響で肌荒れしやすいようです。それと同時に、産後は浴びた紫外線がシミ等になりやすくなる時期でもあるので、「肌に優しい日焼け止め」を選んで使うことが大切です。

産後ママでも安心して使える日焼け止めの選び方は?

産後ママは夏の肌荒れに要注意!日焼け止め選び&食事を見直そう

日焼け止めを選ぶときには、パッケージに記載された「SPF」と「PA」の値をチェックするのが基本ですが、日常的に使うものであれば、高い数値の日焼け止めは必要ないそうです。

ちなみに、SPFとは紫外線防御指数のこと。紫外線を浴びたあと、皮膚が赤くなって日焼けをするまでを引き延ばせる時間を表した指数です。また、PAとは真皮に届いてシワやたるみなどの老化現象を引き起こす、UVA(A波)を予防する度合いを表しています。いずれも値が高いほど、日焼けは予防しやすくなりますが、強い成分を使っているので肌荒れにつながることも。「デイリー用であればSPFは25〜35、PAは2+で十分です。値の高さよりも、塗り方を気にしたほうがいいですよ。SPFは測定時、一平方cmあたり2mgという規定があるのですが、それは私たちが日常的に使っている量の4倍から8倍にあたります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.