子育て情報『池谷幸雄さんに聞く!体操競技のやりがい&観戦ポイント』

2016年8月4日 10:02

池谷幸雄さんに聞く!体操競技のやりがい&観戦ポイント

8月5日から8月21日まで開催される「リオ五輪」。世界トップレベルのアスリートたちの姿を見ることで、子どもたちのスポーツへの関心を深めることができそうです。そこで五輪開幕を前に、五輪出場者の方に選手時代のお話と、「リオ五輪」の見どころを伺いました。今回は、ソウルとバルセロナの2度の五輪出場経験がある、池谷幸雄さんです。

目次

・体操を続けたら、仮面ライダーになれる…!?
・ロサンゼルス五輪を見て意識。「僕は体操で生きていく」
・親友と共に手にしたソウル五輪への切符
・若さゆえに思い切れたソウル。重圧を感じたバルセロナ
・毎日が手に汗握る試合!「リオ五輪」の見どころ
・経験は自信に変わる。失敗を恐れずチャレンジ!


池谷幸雄さんに聞く!体操競技のやりがい&観戦ポイント

体操を続けたら、仮面ライダーになれる…!?

池谷さんが体操を始めたのは、4歳のとき。

「当時、僕は体を動かしていないときはないくらい、ものすごくやんちゃな子どもで。だから、母はスポーツでそれをどうにか発散させないと、と思ったみたいです。でも、体操選手になってほしいというよりは、体操で体の基礎を作って、プロ野球選手かプロゴルファー、競輪か競馬の選手になってほしかったようですね。」

お母さんに連れられて体操教室へ見学に行った池谷さんは、こんなことを思ったそう。

「『仮面ライダーの学校だ!ここで体操を頑張れば、仮面ライダーになれるんだ!』でも、下手くそ止まりだったら、ショッカーにしかなれないって(笑)。だから、一生懸命練習に取り組んだんです。」

ロサンゼルス五輪を見て意識。「僕は体操で生きていく」

次第に体操にのめり込んでいった池谷さんは、小学校3年生で体操教室の中でも選ばれた子しか入れない選手育成コースに上がります。

「それまでは、水泳、ピアノ、英会話、絵画といろんな習い事をしていたのですが、これをきっかけに、体操1本に絞ることを決めました。そこから、仮面ライダーになるという夢が、体操の日本代表として五輪に行くという夢に変わったんです。ただ、その時は五輪ってどんなものか全然知らなくて。みんながすごい大会だと言っているから目指していただけでした。」

漠然としていた五輪への思い。しかしそれが、中学2年生の時にロサンゼルス五輪を見たことでより強いものになります。

「『うわぁ、すごい!五輪の舞台に立ちたい!』と思いましたね。でもその時は、まさか自分が次のソウル五輪に出られるなんて考えてもみませんでした。」

親友と共に手にしたソウル五輪への切符

池谷幸雄さんに聞く!体操競技のやりがい&観戦ポイント
五輪への思いが高まったものの、まだ具体的ではなかった出場の道。しかし、高校1年生の冬、インターハイで優勝したことがきっかけでチームメイトの西川さんと共に「本格的に五輪を目指そう」と監督から声をかけられたそう。

「でも、当時は五輪に高校生が出るなんてもってのほか。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.