子育て情報『こんな症状に要注意!赤ちゃん&子どもに多い爪トラブル』

2016年8月26日 08:02

こんな症状に要注意!赤ちゃん&子どもに多い爪トラブル

赤ちゃんの爪は、小さくてやわらか。そのため、大人とは違うトラブルが起こることもあり、どうしたらいいのか悩んでしまいますよね。そこで「わかばひふ科クリニック」院長の野崎誠先生に、赤ちゃんや子どもの爪トラブルについてお話を伺いました。

赤ちゃんの爪はどのくらいやわらかいの?

目次

・赤ちゃんの爪はどのくらいやわらかいの?
・赤ちゃんの爪トラブルはどんな症状が多いの?
・小学生くらいの子に多いトラブルは?
・爪のトラブルは、迷わず皮膚科へ!
こんな症状に要注意!赤ちゃん&子どもに多い爪トラブル

小さくてかわいい赤ちゃんの手。その先にある小さな爪は、大人よりもずっとデリケートです。

「赤ちゃんの爪は、大人の爪の半分から3分の2くらいの厚さしかありません。とてもやわらかく小さいので、扱いには注意したいところです。また、生まれたばかりの赤ちゃんの爪は短いですが、伸びるのはとても早いのです。」

赤ちゃんの爪は大人の倍くらいの早さで伸びるそうです。そのため、爪を切るのも5日に1回くらいのペースがよいのでは、と野崎先生。

「小さくて薄い赤ちゃんの爪はとてもやわらかいので裂けやすいです。爪を切るときは、爪切りハサミを使って丁寧に、角がとがらないよう丸く切ってあげましょう。爪を切るときにうっかりとがらせてしまうと、自分の顔やお母さんの体を傷つけてしまいますから注意してください。爪を切るタイミングは、赤ちゃんが寝ているときがいいですね。動かないので落ち着いて切れますよ。」

赤ちゃんの爪はもともとやわらかいので、お風呂上りに爪を切るのは不向きのようです。また赤ちゃんのうちは、テコ型の爪切りよりもハサミ型のほうが、角を丸く切りやすいのでオススメだそうです。爪を切るときに深爪を気にするあまり長めに切ってしまい、かえって爪が裂ける原因になることもあります。白い部分が見えるか見えないかくらいのところまで切っても深爪の心配はないとのことですので、目安にしてみてください。

赤ちゃんの爪トラブルはどんな症状が多いの?

それでは、赤ちゃんの爪トラブルで一番多いのはどんな症状なのでしょうか。

「どこかにぶつけて裂けるというのもありますが、一番多いのは爪の角が立って反り返ってしまうスプーンネイルですね。ハイハイが始まる6カ月頃から3歳くらいまでのほとんどの子がなっているのではないでしょうか。」

まだ爪がやわらかいこの時期、ハイハイしたり歩いたりすることで爪にも力がかかり、角のところが立って曲がってしまうのだそうです。「スプーンネイルになったからといって、痛みなどがあるわけではありません。しかし、爪の周りからばい菌が入り赤くなってしまうなどの症状が出ることがあります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.