子育て情報『スポーツをする子どもに「プロテイン」を飲ませても大丈夫?』

2016年9月6日 22:02

スポーツをする子どもに「プロテイン」を飲ませても大丈夫?

野球やサッカーなど、運動系の習い事をしている子ども向けに「ジュニアプロテイン」というものがあります。プロテインといえばアスリートやボディビルダーが飲んでいるイメージがあるもの。子どものうちからプロテインを飲んでもよいのでしょうか…?プロテインの大人用とジュニア用の違いや飲み方など、専門家にうかがいました。

そもそも「プロテイン」とは?

目次

・そもそも「プロテイン」とは?
・ジュニアプロテインは大人用とどこが違うの?
・「運動後30分以内」と「寝る1時間前」に飲むのがおすすめ
スポーツをする子どもに「プロテイン」を飲ませても大丈夫?

お話をうかがったのは、株式会社明治スポーツ栄養マーケティング部の松崎愛さん。そもそもプロテインとはどういうものなのでしょうか?

「プロテインとは英語でたんぱく質(protein)のことです。たんぱく質は筋肉や骨、血液、内蔵、皮膚などを構成するための大切な栄養素。筋肉などがダメージを受けたとき、修復のためには『材料』となるたんぱく質が必要なため、スポーツをする人はより多くのたんぱく質が必要となります。」

アスリートが飲む「プロテイン」の多くは、たんぱく質以外にも栄養素が含まれているのだとか。

「例えば弊社の製品である『ザバス』では、たんぱく質だけでなく、ビタミンB群といったたんぱく質の代謝に必要な補助成分や、アミノ酸、鉄、カルシウムなどが含まれている商品もあり、食事では補いづらいたんぱく質以外の栄養素も効率よく摂ることができます。」

最近ではプロテインが、カラダを引き締めたり、健康づくりなどスポーツに限らない目的で利用も増えているそう。松崎さんによると「健康やスタイルを意識している30代40代の男性のプロテイン摂取が増えており、ここ数年は市場も伸びています」とのこと。

プロテインは「筋肉がムキムキになる薬」というわけではなく、カラダづくりに必要な栄養を補うものなんですね。

ジュニアプロテインは大人用とどこが違うの?

では、ジュニアプロテインは大人用のプロテインとなにが違うのでしょうか?その違いは「成長のために必要な栄養素」にありました。

「10歳を超えると、とくに運動をしていない子供でも大人と同じくらいの栄養素が必要になります。子どもは大人と比べて新陳代謝が早く、成長のためにカラダを作る『材料』が不可欠だからです。」

「さらに、運動をしている子どもの場合は『日常生活に必要な栄養素』『成長に必要な栄養素』に加えて『運動に必要な栄養素』の3つを意識せねばなりません。全体的に栄養が不足してしまうと、成長に使われるはずの栄養が運動にまわされてしまう可能性が高まるのです。」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.