子育て情報『「高い高い」で乳幼児揺さぶられ症候群になるって本当?』

2016年9月23日 20:23

「高い高い」で乳幼児揺さぶられ症候群になるって本当?

赤ちゃんはゆらゆらされたり、高い高いされたりするのを喜びますよね。でも、「乳幼児揺さぶられ症候群」という言葉が知られるようになり、「高い高い」などのあやし方に怖さを感じる親も増えたとか…。親のあやし方が原因で「乳幼児揺さぶられ症候群」になることはあるのでしょうか。専門家にうかがいました。

乳幼児揺さぶられ症候群とは?

目次

・乳幼児揺さぶられ症候群とは?
・危ない揺さぶりとはどんなもの?
・「高い高い」って危険なの!?このあやし方は大丈夫?
・揺さぶられ症候群を予防するためにできることは?
「高い高い」で乳幼児揺さぶられ症候群になるって本当?

「乳幼児揺さぶられ症候群」とは具体的にはどういうものなのでしょうか。

「簡単に言うと、強い揺さぶりによって、子どもの脳に損傷が起こった状態です。」

そう話すのは、「東京医科歯科大学医学部」教授で、乳幼児揺さぶられ症候群の予防研究に従事した経験をもつ、藤原武男さん。

「乳幼児の頭は身体に対して大きくて重いことに加えて、支える首の力も不十分です。このため、強く揺さぶられると、頭が大きく振り回されてしまいます。」

「赤ちゃんは頭蓋骨の発達に比べて脳の発達が未熟で、脳と頭蓋骨の間にスペースがある状態なので、頭が揺さぶられると、まるでシェーカーの中身のように脳が激しく動き、脳と頭蓋骨の間にある血管や神経が切れてしまいます。その結果、言葉や歩行などに重大な障害が残ったり、場合によっては命にかかわったりすることもあります。」

乳幼児揺さぶられ症候群の発症頻度について、今のところ明確なデータはないそうですが、「アメリカの場合は、1歳未満の乳児10万人に対して30人くらいの割合でみられるとの報告があります」と藤原さん。

障害が残ったり、命にかかわったり…などと聞くと怖くなってしまいますが、どのくらいの揺さぶり方は危険なのでしょうか?

危ない揺さぶりとはどんなもの?

「揺さぶられ症候群になるような揺さぶり方は、特殊なもの。誰でも、どんな揺さぶり方でもなるわけではありません。子どもの脳や神経が傷つくような揺さぶりとは、はたで見ている人が止めに入るくらい、ものすごく強い揺さぶりです。」

例えば、赤ちゃんの両脇だけを持って身体をぶらさげた状態から、前後へガクガク揺さぶるようなやり方です。揺さぶりの強さについて調べてみると、明確なデータはありませんが、2秒〜10秒間に5回〜6回程度という医療機関からの報告があるようです。

「こんな揺さぶり方、普段はしませんよね。でも、こうした揺さぶり方をする場合は、ほとんどの場合、親が赤ちゃんの泣き声にいら立ち、カッとなったとき。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.