子育て情報『卓球メダリストの水谷選手が受賞!主夫の友アワード2016発表』

2016年10月7日 21:05

卓球メダリストの水谷選手が受賞!主夫の友アワード2016発表

「主夫の認知拡大」と「男性の家事育児参画の促進」に貢献した各界の人を表彰する「主夫の友アワード2016」が2016年10月6日に開催されました。卓球のリオ五輪メダリスト・水谷選手をはじめとする受賞者と、当日会場で行われたミニトークセッションの模様を紹介します。

卓球の水谷選手をはじめ4人が受賞

目次

・卓球の水谷選手をはじめ4人が受賞
・主婦・主夫・行政の面から「男性の家事育児への参画」の進め方とは?
卓球メダリストの水谷選手が受賞!主夫の友アワード2016発表

受賞者には「主夫の友」特製エプロンと楯が贈られました。

「主夫の友アワード」は、任意団体「秘密結社主夫の友」が10月10日を「いい夫の日」として独自に定めたことを記念し、「主夫の認知拡大」と「男性の家事育児参画の促進」に貢献した人たちを表彰するイベント。

「いい夫の日」を10月10日にした理由は「いい夫(1=イイ、010=おっと)」という「ポケベル世代にしかわからないゴロ合わせ(主夫の友 広報・杉山ジョージ氏談)」によるものです。

「主夫の友アワード2016」の受賞者は以下の通り。

■【アスリート部門】水谷隼さん/リオデジャネイロオリンピック卓球男子日本代表

卓球メダリストの水谷選手が受賞!主夫の友アワード2016発表

リオデジャネイロオリンピック「卓球」において、個人で初めてのメダルを獲得。さらに団体でも銀メダルを獲得する活躍ぶりを見せました。

一方で、2歳の娘、茉莉花(まりか)ちゃんのパパであり、オリンピック後のインタビューでは「今後頑張りたいこと」という質問に「イクメン」と答えるという、子煩悩ぶりを見せています。男性の家事育児参画に積極的な発言をしてくれたことを称え、表彰を受けました。

水谷選手は、ロシアリーグで試合があるため、イベントには参加できませんでしたが、コメントをいただいています。

■水谷選手受賞コメント

このたびは、アワードに選んでいただき、ありがとうございます。私は、プロ卓球選手として国際大会に頻繁に出場しており、なかなか家族と一緒にいられる時間はありません。

海外にいるときには、テレビ電話で会話をしたり、娘の動画を送ってもらったりと、海外にいてもいつも一緒にいるような気持ちでいます。

だからこそ、家族と一緒にいる時間はとても大切であり、癒される時間です。これからも、家族との時間を大切にしていき、東京でのオリンピックに向けてがんばってまいりますので、ご声援お願いいたします。■【行政部門】崎田恭平さん/宮崎県日南市市長

卓球メダリストの水谷選手が受賞!主夫の友アワード2016発表

2015年7月、河野宮崎県知事を含む県内25市町村長とともに、育児に理解のある上司「イクボス」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.