子育て情報『1日10分でも大満足!パパの育児の時間【イクメンBAR連載】』

2016年10月14日 18:02

1日10分でも大満足!パパの育児の時間【イクメンBAR連載】

イクメンたちの集まるバーで、父親ならではの悩みや疑問を相談する連載企画。第3回は「パパが育児をする時間」がテーマです。睡眠や趣味、仕事など、どの時間をどのくらい減らしたのか、また育児の時間はどんなことに使っているのかを聞きました。さらには「1日10分でも満足できる、子どもとのコミュニケーション法」も…!?

<登場人物>
杉山ジョージ:兼業主夫放送作家。旗の台BAL Ceroのマスターでもある。

目次

・子育ての時間ってどうやって作っています?
・子育ての時間は「量」も大事だけど「密度」「回数」も大事!
・会えないときは「動画」でコミュニケーション

西條一法:「いこーよ」編集部スタッフ。1歳2カ月の子供を持つ父。

■<杉山ジョージさんと旗の台BAL Ceroについてはこちらを!>

子育ての時間ってどうやって作っています?

1日10分でも大満足!パパの育児の時間【イクメンBAR連載】

——カランコロン、カランコロン(お店の扉が空く音)♪

西條:こんばんはー!…って、杉山さんがドラキュラになってるーっ!

杉山さん(以下、敬称略):ほら、ハロウィンが近いし、なんかそういう雰囲気を出しておこうかなと思って。

西條:杉山さん、お忙しいのにどこにそんな時間があるんだろう…って、そうだ!今日は「時間」について聞くんだった!

杉山:だいぶ強引にテーマに持ってきた感はありますが…いいでしょう(笑)。「世のイクメンたちは、子育ての時間をどうやって作っているのか?」が今回のテーマですね。

まず、今回の相談内容を、僕が所属しているNPO法人ファザーリング・ジャパンのメンバーにメールで聞いてみました。返ってきた答えを見ると…基本的に「残業をしない」か「早起きをする」ですね。

西條:ふむふむ、「朝早く会社に来て、そのぶん夕方早く帰る」というわけですね。お風呂や夕食、寝かしつけなど育児のコアタイムって夕方以降に多いし。

杉山:そうですね。あとは「業務の簡素化」。効率よく仕事をして、早く帰るように努力する。そういう答えが、どうしても多く出てきますよね。

西條:まあ、それはわかるんですけど、なかなか難しいところでもありますね。

杉山:そこで、もうちょっと具体的な方法というか…「意識を変えてみる」というのはどうでしょうか?

子育ての時間は「量」も大事だけど「密度」「回数」も大事!

1日10分でも大満足!パパの育児の時間【イクメンBAR連載】

西條:「意識を変える」ってどういうことですか?

杉山:「子育ての時間」っていったい何を指しているのか?というのを、もう1度考えてみてほしいんです。子どもと会う時間が1日に何時間も必要だと思っていませんか?子育ての時間というのは「量」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.