子育て情報『出産・育児でもらえるお得な助成金まとめ【お金と子育て連載】』

2016年11月4日 20:02

出産・育児でもらえるお得な助成金まとめ【お金と子育て連載】

今回からスタートする「お金と子育て」連載では、ファイナンシャル・プランナーの豊田眞弓さん監修のもと、気になるお金の話をわかりやすくお伝えします。第1回は出産前後に受けられる公的な助成金や支援制度の種類やもらえる金額をまとめてご紹介します。

出産・育児の公的助成は案外多い!

目次

・出産・育児の公的助成は案外多い!
・妊娠から出産まで、ママが受けられる公的助成
・会社員のママはさらに2つの助成金がもらえる!
・育児・医療にかかるお金にはこんな助成金がもらえる
出産・育児でもらえるお得な助成金まとめ【お金と子育て連載】

赤ちゃんを授かることができたのは、とってもうれしいこと。その反面、これからの生活に不安を覚えることもあるのではないでしょうか。特にお金のことは悩みの種。「この先どれだけかかるのかな?」「出産費用は保険がきかないというけれど大丈夫かな…」など、心配している方もいるかもしれません。

「確かに、出産・子育てにはお金がかかるもの。でも、妊娠中から乳児期くらいまでは、支えてくれる公的な制度も意外とたくさんあります。」

そう話すのは、子どもマネー総合研究会会長のファイナンシャル・プランナー、豊田眞弓さん。公的な制度には、例えばどのようなものがあるのでしょうか。

「代表的なのは、自治体による妊婦健診の補助や、出産時に健康保険から支給される出産育児一時金などですね。また、出産後は、児童手当の支給、乳幼児・子どもの医療費助成などがあります。」

ざっと挙げただけでも、いろいろな制度があるのですね!さっそく、豊田さんにそれぞれどんな制度で、いくら助成金がもらえるのか、詳しく教えていただきましょう。

妊娠から出産まで、ママが受けられる公的助成

出産・育児でもらえるお得な助成金まとめ【お金と子育て連載】

「まず、ママならほぼ誰でも受けられるものが、妊婦健診の助成と出産育児一時金です。」

■妊婦健診の助成

毎回の健診費用の一部を自治体が負担してくれる制度です。1回あたりの助成額は自治体によって違いますが、無料〜5,000円前後の自己負担額に収まることが多いよう。補助される健診の回数は14回分が中心ですが、自治体によってはそれより多いところや少ないところもあります。

■出産育児一時金

妊娠4カ月以上で出産した場合、健康保険から子ども一人当たり42万円(※)が支給される制度。妊娠4カ月以降であれば流産などの場合も対象となります。

出産費用は医療機関によってまちまちですが、「一般的な産院なら、出産育児一時金でかなりカバーできるはず。分娩・入院の自己負担額はほとんどないでしょう」と豊田さん。

※出産した場所が「産科医療補償制度」の加入機関以外の場合は40.4万円

会社員のママはさらに2つの助成金がもらえる!

「これらの助成に加え、会社員や派遣、パートなどで働くママのうち条件に合う場合は、出産や育児で休業したときは、出産手当金、育児休業給付金が受けられます。」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.