子育て情報『乳歯にも必要?子どもの歯の矯正治療、いつから始めても同じ?』

2016年12月6日 08:02

乳歯にも必要?子どもの歯の矯正治療、いつから始めても同じ?

子どもの歯の健康に気を配るなかで、歯並びも気になるもの。「悪くなった歯並びは早めに矯正治療をしたほうがいい」、という意見がある一方で、「乳歯列(生え始め)のうちから矯正治療が必要なの?」という疑問も耳にします。そこで、矯正専門の歯科医院を40年以上営む大野粛英(としひで)先生に、子どもの歯の矯正治療についてお話を聞きました。

歯並びの矯正治療は「早いうちがいい」とは一概には言えない

目次

・歯並びの矯正治療は「早いうちがいい」とは一概には言えない
・子どもの年齢別、矯正治療のパターン
・子どもの「やる気」を待つことも大切
乳歯にも必要?子どもの歯の矯正治療、いつから始めても同じ?

大野先生によると、子どもの歯の矯正治療は「早いうちがいいとは一概に言えない」そう。

「歯並びの悪さには、遺伝による先天的なものと、生活習慣などによる後天的なものがあります。このうち先天的なものは、歯が大きい、アゴが小さいなど親の歯並びや顔の骨格が遺伝する特徴があります。」

「例えば、受け口などの家系の遺伝がある歯並びや『かみ合わせ』では、低年齢で矯正治療を行っても、成長により永久歯が生え揃ったころに再び矯正治療が必要になることもあります。」

「遺伝性が強い場合には、矯正治療ではコントロ−ルできないこともあります。家系の遺伝が原因で歯並びが悪くなっている場合(受け口や出っ歯)には、まず早期治療を行い、その後の経過をみて仕上げの矯正治療をするようになります。」

■乳歯の歯並びが永久歯にも影響する

歯並びの悪さが後天的なものの場合、乳歯のうちから矯正治療は必要なのでしょうか?

「乳歯の歯並びが悪いと、永久歯もその悪い歯並びのまま生えてきます。また、歯並びの悪さによって食べ物をかんだり飲み込んだりする動作が満足にできず、体の成長に影響が及ぶこともあります。『どうせ生え変わるから』と後回しにせず、歯列やあごなどの成長する乳歯列(4〜6歳)のうちに治したほうがよい歯並びもあります。病気と同じように、早期発見、早期治療が原則でしょう。」

では、子どもの歯並びが先天的なものか、後天的なものか、見分ける方法はあるのでしょうか?

「このケースはこう、と簡単に見分けることは難しいでしょう。素人判断ではわからないので、まずは歯科医(とくに、小児歯科医や矯正歯科医)に相談してもらえればと思います。その意味では、『早いうちに矯正治療をするとよい』ではなく『早いうちに歯科医に矯正治療が必要か相談するとよい』と言えますね。」

■歯科検診では見落としが起こることも

3才児検診や学校検診などの歯科検診も、歯並びの悪さに気づくきっかけになります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.