子育て情報『意外な原因で子どもが「しもやけ」に!?予防と対応方法は』

2016年12月15日 12:02

意外な原因で子どもが「しもやけ」に!?予防と対応方法は

「しもやけ」と聞くと、なんとなく過去の病気のような気がしていませんか?ところがこの「しもやけ」、今どきの子どもにも多いのだそうです。そこで、「しもやけ」にならないための予防法と、実際なってしまったときの対処法を、山形県出身で小学生のときまで毎年しもやけになっていたという「わかばひふ科クリニック」院長の野崎誠先生に伺いました。

しもやけの原因って何?

そもそも、どうしてしもやけになるのでしょうか。

目次

・しもやけの原因って何?
・かゆい?痛い?「しもやけ」の症状とは
・「しもやけ」を予防するには
・できてしまったら、どうしたらいい?


「気温が低くなってくると、しもやけになる子どもが増えてきます。しもやけの原因は、濡れた手足の指などが血管の収縮がうまくいかずに冷たくなってしまうこと。」

意外な原因で子どもが「しもやけ」に!?予防と対応方法は

「血管は温度によって反応が違い、通常は温かいと広がり、冷たいと縮みます。気温が下がってくるこの時期、ずっと寒いところにいるなどしてこの調節がうまくいかないと皮膚に炎症がおきてしまいます。これがしもやけです。」

具体的には、気温が0度から5度くらいのとき、雨やみぞれ、雪などで手足の指が濡れ、そのまま冷やしてしまうと、しもやけになりやすいのだそうです。気温が低ければ低いほど、しもやけになりやすいというわけではなく、「冷たいけれど乾いている」よりも、「あまり冷たくないけれど濡れている」ほうが、しもやけになりやすいとのこと。

「そして意外と知られていませんが、両親のどちらかにしもやけの経験がある場合、子どもにもできやすいのです。」

しもやけが遺伝するとは、驚きですよね。気温による血管の反応も「体質」ということで、その体質を受け継いでいるのかもしれませんね。

また、しもやけは、年齢が上がればできなくなると野崎先生。

「大人になると、しもやけになる人はほとんどいなくなります。一番なりやすいのは、幼稚園から小学校低学年くらいまでの子どもですね。また、赤ちゃんにはあまり『しもやけ』は見られませんが、ベビーカーに乗っているときに、たまたま足先や指先が冷えてしもやけができることはあります。」

小さな子どもは、濡れていても気にせずに遊び続けてしまうことがあるため、いつのまにか冷えて「しもやけ」になることが多いようです。汗で濡れた場合も同様ですので、靴下や手袋などが濡れてしまったらすぐに取り替えるとよいでしょう。

かゆい?痛い?「しもやけ」の症状とは

しもやけの症状とは、どのようなものなのでしょうか。

「赤くむくみ、腫れていますね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.