子育て情報『子どもの好奇心に火をつける「クッキング」【あそびのたね連載】』

2016年12月28日 16:02

子どもの好奇心に火をつける「クッキング」【あそびのたね連載】

金沢学院短期大学助教の村山大樹さんに「子どもとのあそび」を教えていただく【あそびのたね連載】も第6回。今回のテーマは、「クッキング」です。さまざまな食材を調理することでまったくちがうものに変化していく体験や、できあがるまでのワクワク感、失敗から得る学びなど、クッキングには楽しいあそびの要素が詰まっています!

つくって楽しく、食べておいしい「クッキング」を紹介!

「大人にとっては生活の中に組み込まれた家事である『クッキング』も、子どもにとっては特別なものに感じられる」と村山さんは言います。

目次

・つくって楽しく、食べておいしい「クッキング」を紹介!
・大切なのは「楽しむこと」。多様な経験が、考える力のもとになる


子どもの好奇心に火をつける「クッキング」【あそびのたね連載】

「たとえば、小麦粉を卵やバターなどと混ぜ合わせ、オーブンで焼けばクッキーになる。そんな大人にとっては当たり前のことも、子どもにとってはびっくり仰天、魔法の世界。サラサラした粉がねっとりとした物体になり、焼くだけでサクサクのクッキーになる過程に興奮し、『自分もやってみたい!』と好奇心を刺激されます。」

「特別なことは必要ありません。普段は触らせてもらえない調理器具を扱ったり、食材を選んだり、粉をこねてみたり。そんなささいなことが、子どもにはとても魅力的な『あそび』です」と村山さんは言います。

それではさっそく、簡単で楽しく、食べておいしい「クッキング」を紹介しましょう!

■◆ホットケーキ

子どもの好奇心に火をつける「クッキング」【あそびのたね連載】

<つくり方>
市販のホットケーキ粉を使って、表示どおりに材料を混ぜたら、ホットプレートを使って好きな形に焼いてみましょう。まずは簡単なハートや星型からはじめ、慣れてきたら複雑な動物や家、好きなキャラクターなどに挑戦してください。

<ポイント>
粉、牛乳、卵を混ぜ合わせるとトロトロの液体になり、焼くことでふっくら固まり、色づいていく。ホットケーキは、変化の過程を目の前で見ることができます。形が崩れたり、少しくらい焼き過ぎたりしても気にせず、自由につくらせてあげてください。

<村山さんから一言!>
「ホットプレートをみんなで覗きながらつくることがポイント。家族みんなで周りを囲み、ホットケーキを焼く、その経験が子どもにとって素敵な思い出になります。普段はいっしょにクッキングをしない保護者にとっても腕の見せどころです!」

<用意するもの>
市販のホットケーキ粉、卵、牛乳、ホットプレート、ボウル、ホイッパー

■ ◆デコレーションクッキー

子どもの好奇心に火をつける「クッキング」【あそびのたね連載】

<つくり方>
市販のクッキーに、生クリームやチョコソースなどをトッピング。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.