子育て情報『子どもの冷え性(低体温)が増加!?親ができる対策は?』

2017年1月10日 08:02

子どもの冷え性(低体温)が増加!?親ができる対策は?

子どもは風の子と言われていますが、現在は幼児や小学生でも冷え性(低体温)の子が増えているそう。そこで、子どもの冷え性の原因と、親ができる対策について早稲田大学人間科学学術院教授で医学博士の前橋明先生に聞きました。

冷え性になると、無気力でやる気が出ず、眠りも浅くなる

目次

・冷え性になると、無気力でやる気が出ず、眠りも浅くなる
・睡眠の乱れや欠食、運動不足が低体温の原因に
・早寝・早起きと日中の運動で冷え性を改善
子どもの冷え性(低体温)が増加!?親ができる対策は?

最近、冷え性の子どもが増えているというのは本当なのでしょうか?

「一般的な『冷え性』というのは、体温が36度を下回る『低体温』の状態を指します。保育園の登園時の検温データを見ると、低体温の子どもが増えてきていることがわかります」と前橋先生。

そもそも、体温は常に一定ではなく、朝と夜では体温に差があるもの。2歳〜3歳頃から、体温は1日のうちに、0.6度〜1.0度の変動を示すようになり、一般的には、夜中3時頃が最も低く、夕方16時頃に最高となる一定のサイクルを示します。

「しかし、低体温の子どもは、この体温リズムがズレてしまっており、朝になっても眠っているときの低い体温のままです。体温が低いということは、からだも脳も覚醒していない状態で活動をしなければならないということです。したがって、いろいろな活動をしても、無気力でやる気が出ず、実際に覚えきれなかったり、やりきれなかったりします。からだのウォーミングアップができていない状態です。」

「低体温になると、子どもたちは朝から眠気とだるさを訴え、食が進まなくなります。朝食を食べず、日中に運動が足りないと、体温は適切にコントロールされなくなり、夜の眠りも浅くなります。」

では、いったいなぜ、子どもたちは低体温になってしまうのでしょうか?

睡眠の乱れや欠食、運動不足が低体温の原因に

子どもの冷え性(低体温)が増加!?親ができる対策は?

前橋先生によると、子どもたちの低体温には、睡眠・食事・運動という基本的な生活習慣が関係しているのだとか。

「夜更かしをして、睡眠時間が短くなる、朝起きる時間が遅くなるなど、夜型生活の中で睡眠リズムを乱していくと、子どもたちは朝食を食べなくなり、午前中の活動力も低下します。睡眠の乱れや欠食、運動不足の状態が続くと、やがて脳や自律神経がうまく機能しなくなります。体温は自律神経によってコントロールされているため、こうした状態が続くと、うまく体温調節ができなくなってしまうのです。」

現在の日本では、午後10時を過ぎて就寝している幼児の割合が4割を超えているそう。

「子どもの睡眠をはじめとした健康的な生活習慣とそのリズムについて、幼少児期から大切に考える大人たちが必要」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.