子育て情報『【医者が解説】「湿疹・肌トラブル」の症状別子どもの病気まとめ』

2017年1月25日 19:02

【医者が解説】「湿疹・肌トラブル」の症状別子どもの病気まとめ

子どもの気になる症状には、肌荒れのほかに、湿疹、かぶれ、あせもなど、肌のトラブルに関するものも多いですね。子どもに「肌の異変」がある時、どんな病気が考えられるのでしょうか?過去にいこーよで掲載した記事の中から「湿疹・肌の異変」に関する病気をピックアップし、それぞれの特徴を北浜こどもクリニックの北浜直先生に解説していただきました。

目次

・肌がかさつき痒みを帯びる「乾燥肌」
・赤ちゃんの肌にできる湿疹「乳児湿疹」
・手のひらや足の裏に水疱性の発疹が出る「手足口病」
・冬でも意外と汗はかくもの!「おむつかぶれ」「あせも」


【医者が解説】「湿疹・肌トラブル」の症状別子どもの病気まとめ

■▼この記事で紹介する病気

  • 乾燥肌
  • 乳児湿疹
  • 手足口病
  • おむつかぶれ、あせも

肌がかさつき痒みを帯びる「乾燥肌」

「空気が乾燥する冬は、肌も乾燥しやすい時期です。乾燥肌になると、肌がかさつき、痒みを帯びてきます。子どもの場合、痒いと我慢できずに掻いて肌を傷つけてしまうこともあるので、まず肌を乾燥させないことが大事です。」

「子どもの肌は一見プルプルしていて潤いがあるように見えますが、角質層にある水分量やセラミドなどの保湿物質の量も大人に比べて少なく、乾燥しやすい状態です。」

「肌の乾燥がひどい場合には、お風呂上がりに保湿剤などを全身に塗って、スキンケアしてあげましょう。加湿器などを使って部屋の湿度を保つのも効果的です。」

赤ちゃんの肌にできる湿疹「乳児湿疹」

「『乳児湿疹』とは、赤ちゃんの肌にできる湿疹の総称です。生後間もない赤ちゃんは、皮脂の分泌が盛んなうえ、毛穴に皮脂が詰まりやすいため、顔や頭に『脂漏性湿疹』がよくみられます。ほかにも、乾燥やよだれや汗が原因となって肌がかぶれることもあります。」

「赤ちゃんの肌は非常にデリケートなので、毎日のケアが大切です。保湿剤でスキンケアするのはもちろん、1日中寝ている時期なので、服やシーツの素材にも気をつけてあげてくださいね。」

手のひらや足の裏に水疱性の発疹が出る「手足口病」

「『手足口病』は、初夏から秋にかけて流行する夏風邪の一種で、『エンテロウイルス』によって引き起こされるウイルス性の感染症です。4歳〜5歳以下の幼児に多く、発熱の後に手のひらや足の裏、お尻などに水疱性の発疹ができるのが特徴です。口の中が痛くて食事が摂れない場合には、脱水症状に気をつけて、水分補給をしてあげてください。」

「手足口病にはワクチンや特効薬はありません。発疹がある程度治るまで自宅で安静に過ごしましょう。」

冬でも意外と汗はかくもの!「おむつかぶれ」「あせも」

「『おむつかぶれ』や『あせも』は、汗をかきやすい夏に多い疾患ですが、冬も重ね着や暖房などで気づかないうちに汗をかいているので、小さな赤ちゃんはとくに注意してあげてください。」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.