子育て情報『砂場やおもちゃにも注意!子どもの金属アレルギーの原因と対処法』

2017年1月30日 20:02

砂場やおもちゃにも注意!子どもの金属アレルギーの原因と対処法

大人の女性に多いイメージがある金属アレルギー。でも金属アレルギーは、じつは子どもでも発症するそうです。子どもが金属アレルギーになってしまったら、どんな症状が出るのでしょうか。また、原因や対処法は?専門家に聞きました。

おもちゃや砂場の砂も、金属アレルギーの原因に…!

目次

・おもちゃや砂場の砂も、金属アレルギーの原因に…!
・金属アレルギーは症状が出るのに時間がかかる
・金属アレルギーの根本的な予防方法3つ
・原因物質に「触れさせない」が最善の対処法
砂場やおもちゃにも注意!子どもの金属アレルギーの原因と対処法

大人の金属アレルギーの症状といえば、まず思い浮かぶのが、金属製のアクセサリーが触れた部分に赤みやかゆみが出るといった症状。では、子どもの金属アレルギーは、どういった場面で、どんな症状が出るのでしょうか。

「子どもの金属アレルギーが出る場面や症状は、年齢や遊び方で変わってきます。」

こう話すのは、金属アレルギー対策の総合企業MASJapan株式会社、代表取締役の鈴木久子さん。

「例えば、手に取ったものをすぐ口に持っていくような乳幼児期なら、金属製のミニカーなどのおもちゃを舐めた口まわりや手に、赤みやかゆみといった症状が出る場合があります。」

「また、砂場の砂には、じつは微量の金属が含まれているので、砂場遊びをしたあとでそうした症状が出れば、金属アレルギーの可能性があります。砂場遊びをする年齢になれば、砂を触った手足や、砂がかかった顔などに、赤みや腫れ、かゆみが出るケースもあるので、注意してください。」

ほかにも、鉄製の遊具や、ブランコの金属製の持ち手、それに食事で使うスプーンやフォーク、さらには虫歯治療で使う金属製の詰め物なども金属アレルギーの原因になることがあるそうです。

金属アレルギーは症状が出るのに時間がかかる

金属アレルギーは、食物や花粉などのアレルギーと違い、原因物質に触れたからといって、すぐに症状が出るわけではないと鈴木さんは言います。

「金属アレルギーは遅延型アレルギーと言って、接触してから2時間〜48時間後に症状が出るという特徴があります。すぐに症状が出るわけではないので、原因が特定しにくいアレルギーでもあるのです。」

もしも子どもに原因不明の赤みや、かゆがるといった症状が続く場合は、1週間ほど、「いつ、どこで何を食べたか」「何をして遊んだか」などをママがメモしておくと良いそう。

そうすれば、病院でも原因物質の予測が立てやすく、検査がスムーズに進みます。■金属は汗でも溶け出す

そもそも金属アレルギーは、どういった仕組みで起こるものなのでしょうか。

「金・銀・銅、プラチナ、ニッケル、パラジウムなど、すべての金属は汗や唾液に触れると、微量に溶け出しイオン化する性質を持っています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.