子育て情報『子供のシャンプー嫌いを克服! お風呂を楽しむコツ&洗い方も』

2017年2月20日 16:02

子供のシャンプー嫌いを克服! お風呂を楽しむコツ&洗い方も

お風呂には入れてもシャンプーやドライヤーが苦手という子は多いですよね。毎日のことだけに、あまり嫌がられるとパパやママもつらいもの。そこで今回は、AllAboutの家事・掃除・子育てガイドとして長年活躍している藤原千秋さんに、シャンプーやドライヤーを嫌がる子供への対処法をお聞きしました。

子供がシャンプーを嫌がるのはなぜ?

目次

・子供がシャンプーを嫌がるのはなぜ?
・快適で怖くないシャンプーの方法は?
・子供がドライヤーを嫌がるのはなぜ?
・「お風呂限定」のしかけでもっと楽しく!
子供のシャンプー嫌いを克服! お風呂を楽しむコツ&洗い方も

親子やきょうだいでわいわい楽しく過ごせるお風呂の時間ですが、いざシャンプーとなると嫌がって大泣きしてしまう子います。子供はどうしてシャンプーを嫌がるのでしょうか。

「シャワーのお湯やシャンプー(リンス)が、目や鼻や口に入ったりするのが不快、入ってきそうで怖い…というのが、子供がシャワーやシャンプーを嫌がるおもな原因だと思います」と藤原さん。

同じような悩みを持つママパパが多いのか、目にしみにくいものやキャラクターのパッケージのものなど、子供向けのシャンプーが多数販売されています。また、シャンプーハットなどの洗髪グッズもありますね。こういったものは使ったほうがいいのでしょうか。

「シャンプーやグッズを選ぶというような小手先のテクニックより、不快感や恐怖心の原因を大人ができるかぎり取り除いてあげるほうが効果的です。また、シャワーやシャンプーを苦行ではなく、むしろ楽しみなものと思えるようにしてあげることも肝心ですね」

藤原さんによると、シャンプーのやり方次第で子供の恐怖心を減らすことができるそう。おすすめの洗い方を教えてもらいました。

快適で怖くないシャンプーの方法は?

藤原さんおすすめの洗い方は「美容院スタイル」。洗い方の手順は以下の通りです。

1. 子供を自分と向かい合わせに抱っこする
2. 仰向けにし、大人の手で頭を支える
3. 耳を指でふさぐ
4. おでこから鼻あたりまでタオルをのせる
5. 爪を立てないように手早く洗う
6. シャワーで流す

ポイントは、目や耳などに水が入らないように気をつけること。

「耳をふさいで仰向けにし、顔にタオルをのせることで、目・耳・鼻・口にお湯やシャンプーが入るのを防ぎ、恐怖心を取り除くことができます。また、洗い流すシャワーの温度は少し低めにしましょう。ぬるいと感じるくらいの方が、子供は嫌がりません。2〜3歳以上の抱っこが難しい年齢の場合は、子供用のお風呂イスや裏返した洗面器に座らせる方法も。自分で浴槽のふちをつかんで体を後ろに反らせてもらい、抱っこの場合と同じ手順で洗います。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.