子育て情報『教育費が抑えられる! 親が知るべきお得な制度【お金と子育て】』

2017年2月24日 20:02

教育費が抑えられる! 親が知るべきお得な制度【お金と子育て】

マネーのプロが解説する、「お金と子育て」の話。第4回のテーマは「教育費を抑える方法」です。子どもの教育には何かとお金がかかりますが、親のための助成制度や補助金、節約技もあるんです!ファイナンシャル・プランナーの豊田眞弓さんに、親が知っておきたいお得情報を教えていただきました。

自治体ごと、学校ごとに、さまざまな支援あり

目次

・自治体ごと、学校ごとに、さまざまな支援あり
・子どもが高校生のときに受けられる支援は?
・大学では、学業成績が重要に…!?
・教育費をスリムに!選択肢はいろいろ
教育費が抑えられる! 親が知るべきお得な制度【お金と子育て】

一般に、義務教育を終え、高校、大学…と先に進めば進むほど、負担が大きくなっていく教育費。当然、家庭の負担もそれに比例して増えると考えられます。

「でも、高校・大学では助成制度や奨学金制度が充実する傾向にあり、負担が急増して家計が苦しくなるばかり、というわけでもないんですよ」と豊田さん。

「高校は授業料免除や給付型の支援金などの制度があり、東京都では私立高校の授業料無償化に向けた動きもあります。また、大学・短大・専門学校で使える国の給付型奨学金制度も新設されるほか、日本学生支援機構の奨学金も利用しやすくなっています。自治体や民間の給付型奨学金も数多くあります。大学独自の給付型奨学金や授業料減免の制度も広がり、進学先の選び方次第では特待生として学費ゼロで学べる場合もあります。」

制度や進路の検討次第では、教育費の負担を軽くできるのですね。

「ただ、各制度は自治体単位、学校単位で運営されているものが多いため、内容や支給条件にばらつきがあります。まずは、どこにどんな制度があるのか、自身は支給の対象になるのか、調査することが大事です。」

基本的に制度の利用には、通常は自分からの申請が必要となるため、どんな支援があるのか、情報集めはかなり重要になりそうですね。

それでは、高校・大学それぞれで受けられる支援制度の詳細を見ていきましょう。

子どもが高校生のときに受けられる支援は?

教育費が抑えられる! 親が知るべきお得な制度【お金と子育て】

まず、子どもが高校生の場合、どんな支援があるのでしょうか。

「2014年4月からスタートした『高等学校等就学支援金制度』が一番有名でしょうね。これは、授業料の無償化もしくは補助を行う国の制度です。適用されるのは、保護者の年収が910万円程度までの家庭(夫婦2人と子ども2人の目安額。市町村民税所得割額が30万4,200円未満)となりますが、国公私立を問わず全日制の場合で1カ月9,900円が補助されます。なお、私立高校の場合、年収によって1.5〜2.5倍の加算があります。」

また、生活保護世帯や住民税非課税世帯のみですが、『高校生等奨学給付金』という制度も。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.