子育て情報『【てぃ先生に聞く】「親子関係」の向き合い方』

2017年4月19日 20:02

【てぃ先生に聞く】「親子関係」の向き合い方

Twitterフォロワー数40万人の人気イケメン保育士・てぃ先生の連載企画!前回に引き続き「子どもとのコミュニケーションの悩み」をテーマに、パパママからの質問にお答えします。今回は「『親子関係』の向き合い方」について。「異性の子どもの気持ちがわからない…」「親の言うことを聞かない!」など、切実な悩みを解決します!

パパが娘と仲良くなるコツは「気を遣い過ぎない」こと

目次

・パパが娘と仲良くなるコツは「気を遣い過ぎない」こと
・「言うことを聞かない」は親子関係が築けている証拠!
・親も子もありのままで向き合って
【てぃ先生に聞く】「親子関係」の向き合い方


質問1
娘とパパのコミュニケーションの取り方について教えてほしい。
(杉並の爺さん/4歳女の子、1歳女の子のパパ)

■てぃ先生からのアドバイス

もしかしたら「娘が喜ぶことをしないと」とか「娘の関心はどこにあるのか」とか「男親だから女の子の気持ちがわからない」なんて心配していませんか? そうであれば、ハッキリ言って考え過ぎです!子どもに気を遣い過ぎとも言えます。

パパが好きなこと、得意なこと、やりたいこと、知っていることをどんどん教えてあげて、一緒に楽しめばOK!四六時中、子どもの興味に合わせる必要はありません。例えば、指をパチンと鳴らすだけでも大喜びするはずです!

女の子が好きなおままごとが苦手なパパもいるかもしれませんが、無理してお店屋さんになりきる必要はなく、「最近のパン屋さんはケーキも売っているよね」などと知っていることを教えてあげれば、おままごとの世界が広がります。同じように、お絵描きが苦手なパパだって、下手くそなゾウさんでも子どもは十分喜びます。

子どもの遊びに付き合うというよりも、自分の引き出しを探りながら、子どもとの会話を楽しむことが大切ですよ!

「言うことを聞かない」は親子関係が築けている証拠!

【てぃ先生に聞く】「親子関係」の向き合い方


質問2
先生が注意したことはすぐ直すのに、親が注意しても聞いていないフリをします。なんとか親の注意も聞いてほしい!
(みうさん/1歳男の子、5歳男の子のママ)

■てぃ先生からのアドバイス

似たような話で、「幼稚園や保育園ではお片づけするのに家ではしない」なんていうのもよく聞きますよね。子どもなりに外で頑張っている分、家では甘えている証拠。それでいいと思うんです。

どうしても直してほしいことがあるなら、先生に協力してもらいましょう。直接、注意してもらったり、連絡帳に書いてもらったり。

その代わり、子どものお願いも聞いてあげないとダメですよ。親の注意だけ聞かせるのは都合が良すぎます!

ひょっとしたら、ママが1歳の弟の面倒ばかりしているように感じて、お兄ちゃんは“あまのじゃく”になっているのかもしれません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.