子育て情報『子どもの頻尿の原因と対処法! 年齢別のトイレ平均回数も紹介』

2017年5月22日 12:02

子どもの頻尿の原因と対処法! 年齢別のトイレ平均回数も紹介

子どもはトイレが近いものですが、なかにはトイレに行ってから30分以内にまた行きたがる「頻尿」の子もいます!お出かけのときに「トイレ!」と言われると親は焦りますが、調べてみると子どもの頻尿の多くは不安やストレスなどの心因性によるものだそう。子どもの排尿トラブルに詳しい昭和大学藤が丘病院小児科の池田裕一先生に、子どもの頻尿の原因と対処法をお聞きしました。

大人よりトイレが近い子ども「頻尿」の目安は?

目次

・大人よりトイレが近い子ども「頻尿」の目安は?
・ストレスや不安が原因の「心因性頻尿」とは?
・親ができるサポートは?
・頻尿が続くときは受診を過活動膀胱や病気の場合も
子どもの頻尿の原因と対処法! 年齢別のトイレ平均回数も紹介

子どもは膀胱が小さいため、大人に比べてトイレが近いものですが、そもそもどのくらいを「頻尿」と呼ぶのでしょうか?

「小さなお子さんだと、トイレの回数が多いことは普通ですが、1時間おきに行ったり、行ったあとにすぐ行きたくなったりする症状があれば、頻尿症かもしれません」と池田先生。

子どもが1日に行くトイレの回数は年齢によって異なり、身体の成長に伴って、だんだん減少してきます。生まれたばかりの赤ちゃんは約1時間おきに排尿しており、1日に15回〜20回。1歳〜2歳では2時間おきで8回〜12回、3歳〜4歳では3時間おきで5〜9回が1日の平均的な排尿回数です。4歳以降になると3〜6時間おきと排尿間隔もあいてきて、1日4回〜7回とトイレに行く回数の個人差も大きくなります。

「一般的には、トイレトレーニングが終了し、排尿機能が成熟した4歳〜5歳以降も、トイレの間隔が2時間より短い場合や、1日の排尿回数が8回を超える場合は、頻尿症を疑います」

頻尿が続くと、勉強や運動に集中できなくなったり、夜間たびたび目覚めたりして睡眠不足になり、成長が阻害されることもあります。排尿回数が多く、学校生活に支障が出る状態が2〜3週間続く場合は、医療機関を受診した方が良さそうです。

ストレスや不安が原因の「心因性頻尿」とは?

頻尿は、膀胱などの排尿機能に疾患や異常がなくとも、精神的な要因やストレスが原因で引き起こされることもあるそうです。これを「心因性頻尿」と呼び、幼児では細菌やウイルスが原因で起こる「膀胱炎」についで、多いとのこと。

「頻尿の原因になっている病気の代表的なものは、膀胱炎や尿道炎などの尿路感染症感染症の場合は、頻尿のほか、排尿時に痛みがある・血尿がでる・発熱するなど、ほかの症状もあるのが特徴です」
一方、「心因性頻尿」の特徴は排尿痛や発熱が見られず、何かに集中しているときや、夜寝ているときには症状がみられないことだそう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.