子育て情報『子ども預金口座の意外な目的は? 作り方も紹介【お金と子育て】』

2017年8月31日 14:02

子ども預金口座の意外な目的は? 作り方も紹介【お金と子育て】

マネーのプロが解説する「お金と子育て」の話。第8回は、「子どもの預金通帳」。お祝いやお年玉などの貯金用、お小遣いの管理用など、さまざまな目的での利用が考えられますが、初めて作るときはどうすればいいのでしょうか。ファイナンシャル・プランナーの大林香世さんに伺いました。

「思い立ったとき」がタイミング

目次

・「思い立ったとき」がタイミング
・銀行選びはしっかりと!必要書類や条件も見落とさず!
・子どもの成長に合わせて一緒に通帳管理を
子ども預金口座の意外な目的は? 作り方も紹介【お金と子育て】

子ども用の預金通帳はいつ作る?

子どもの通帳を作っている親はたくさんいますが、どういう目的で作ることが多いのでしょうか。

「たとえば、成長の節目にいただいたお祝い金などを将来子どもに渡すためにまとめておく、というケースですね。子ども名義の通帳を作っておけば、親のお金と一緒くたにならないので管理がしやすく、本人に受け渡すときもスムーズです」

もうひとつが、「子どものお金教育、または社会勉強といった意味で作る方もいると思います」とのこと。

「お小遣いやお年玉などを通帳で管理させることで、銀行の使い方に慣れたり、金銭感覚を養ったりする目的です。つまり、将来のための練習口座。私個人の考えとしては、こうした勉強のために通帳を作ることは、とても有意義だと思います」

やがては自分で行うお金の管理。通帳を用意することで、勉強の第一歩にするわけですね。それでは、子どもの通帳はいつ作ったらいいのでしょうか。

「絶対にここ、というタイミングはありません。お祝い金の管理が主目的なら、生まれてすぐにでも通帳を用意したいと考える親がいる一方、教育目的が大きい場合は、通帳の意味が理解できるくらい成長してからでも十分です。“思い立ったそのときがベスト”という考えでいいのではないでしょうか」

必要と思ったら作る、それでOKなのですね。

銀行選びはしっかりと!必要書類や条件も見落とさず!

子ども預金口座の意外な目的は? 作り方も紹介【お金と子育て】

口座開設をする銀行の選び方を紹介!

■1.口座開設前のチェックポイント

では、いよいよ実際に通帳を作ろうという時期が来たら、どんなことに気を付けたらいいのでしょうか。

「ポイントは銀行選びだと思います。将来にわたって使いやすく、親も子どもも管理しやすいようにしたいですね」

具体的な判断のポイントは、どんな点でしょうか。「まずは家から近い銀行、普段の行動範囲から考えてATMが利用しやすい銀行を選ぶべきでしょう」

「設置されているATMの多さや引き出し手数料の安さ、ついでにあまり窓口が混まないという点まで考慮に入れられたら、なお良しです」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.