子育て情報『もしや私も!? 実際にあった「過保護すぎる親」エピソード集!』

2017年10月23日 16:02

もしや私も!? 実際にあった「過保護すぎる親」エピソード集!

今年の夏はドラマ『過保護のカホコ』が人気でしたが、身の回りにもドラマ顔負けの過保護な親は意外と多いのではないでしょうか。そこで今回は、アンケートで「あなたの周りの過保護すぎる親」を調査してみました。衝撃、いや笑撃エピソードの数々をどうぞ!

「過保護な親」は意外と身近に多い!?

今回「いこーよ」ユーザー761人に「身近な人(知人・友人、兄弟姉妹、親戚)や外出先などで見かけた『過保護な親』のエピソード」を募集したところ、200件を超える回答が寄せられました。

目次

・「過保護な親」は意外と身近に多い!?
・実は私も「過保護な親」かも…?


一言で「過保護」といっても捉え方はさまざま。今回のアンケート調査をもとに「過保護な親」を分類すると、大きく下の4つのタイプに分けられました。

1. 危ないことを先回りして止める【心配性タイプ】
2. 子どもの意思は無視して親がすべて決めてしまう【過干渉タイプ】
3. 汚い物には触れさせない【潔癖症タイプ】
4. 子どもを一切叱らない、欲しがる物はすべて買う【激甘タイプ】

今回はこの4つのタイプ別に具体的なエピソードをお伝えします。

■「心配性タイプ」の過保護エピソード

まずは、【心配性タイプ】のエピソードから。子どもを心配する想いはすべての親に共通するものですが、ちょっと行き過ぎてしまった人もいるようで…。

もしや私も!? 実際にあった「過保護すぎる親」エピソード集!


4歳くらいの子どもの脱ぎ着をすべて母親が行い、お菓子の袋も開けてやり、汚れないように前掛けまでしていたのを見ました。(M・Mさん/8歳・2歳男の子のママ)

「虫に刺されないようにしてください!」と保育園にお願いする親を見たことがあります。正直、それくらい仕方ないのでは…と。(ゆうとママさん/1歳・0歳男の子のママ)

■「過干渉タイプ」の過保護エピソード

続いて、【過干渉タイプ】のエピソード。子どもが何歳になってもつい干渉してしまう、すべて先回りしてやってしまう親の目撃談が集まりました。

20歳になっても、「いつ・どこで・何をしているか」を常にメールで報告させる母。(アコさん/3歳女の子のママ)

着替えるのも、靴を履くのも、おもちゃを出すのも、片づけるのも、すべて親。子どもの意見は皆無で親がすべて。「○○ちゃんはかわいいからね、やらないのよ〜」などと言っていて、これでは子どもが伸びないなと思った。(みつばち母さんさん/10歳・2歳男の子のママ)

■「潔癖症タイプ」の過保護エピソード

【潔癖症タイプ】の親のエピソードも多く寄せられました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.