子育て情報『【てぃ先生に聞く】「愛情の要求」と「ワガママ」の見極め方』

2017年11月27日 17:02

【てぃ先生に聞く】「愛情の要求」と「ワガママ」の見極め方

Twitterや書籍、マンガなどでも話題のイケメン保育士・てぃ先生がパパママの悩みに一問一答していく人気連載!全国から寄せられた子育ての悩みの中から、今回は「子どものワガママ」をピックアップ。子どものワガママをどこまで許すのか。親なら気になるその対処法や考え方などを伺いました。

親へのワガママも子どもにとっては「愛情の要求」

目次

・親へのワガママも子どもにとっては「愛情の要求」
・子どもにギブ&テイクは無理!とことん愛情を与えよう
・まずは子どもの気持ちに寄り添ってあげるのが大切
【てぃ先生に聞く】「愛情の要求」と「ワガママ」の見極め方


質問
年少の娘が毎朝抱っこしてベッドからリビングまで運んでほしいと言います。忙しいときは、できないと伝えて泣かせてしまうことも。ワガママはどのくらい、または何歳くらいまで受け入れるべきですか?
(K.Rさん/8歳男の子、4歳女の子のママ)

■てぃ先生からのアドバイス

僕はそれ、ワガママとは思わないです!子どもからの愛情の要求かなと思います。子どもからすれば、大好きなママともっともっとふれあいたいだけ。「抱っこ〜!」のほかに「食べさせて!」とか「お着替えできな〜い!」と甘えるのもそう。自分の要求に親が応えてくれることで親の愛情を確認しているんです。

逆に、ただ単に自分の身勝手な欲求を満たそうとするのは「ワガママ」の可能性があります。一概には言えませんが「おもちゃ買って!」や「お菓子ちょうだい!」が分かりやすい例ですね。

大切なのは、子どもが駄々をこねたとき、それがワガママなのか愛情の要求なのかをきちんと考えて対応すること。パパとママでその線引きが違ってしまうとお子さんは混乱するので、ご家庭でケースごとにどう対処するかを話し合っておくといいですよ。

子どもにギブ&テイクは無理!とことん愛情を与えよう

【てぃ先生に聞く】「愛情の要求」と「ワガママ」の見極め方

相談者さんの場合は朝の忙しい時間ゆえ、毎回お子さんの期待に応えるのは負担なようですがどうすればいいのでしょうか?

■てぃ先生からのアドバイス

抱っこするのがしんどい日もありますよね。でもリビングまで運ぶのに10秒かかるとしたら、その10秒間さえ頑張れば上手くいくことが多いのでは、と思います。抱っこを拒否したためにグダグダ泣かれて朝の準備が進まない…となるより、結果的にはずっと楽!

さらに甘えて「食べさせて〜!」と言われるときもあるかもしれませんが、「さっき抱っこしてあげたんだから、今度は自分で食べなさい!」という理屈は、子どもには通用しにくいです。

今は愛情を求める時期と腹をくくって、とことん付き合ってあげましょう。愛情を小出しにするより、「これでもか!」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.