子育て情報『宿題の定番「音読」はなぜ大事? 黙読との効果の違いも紹介!』

2017年12月8日 17:13

宿題の定番「音読」はなぜ大事? 黙読との効果の違いも紹介!

まで一気に読み、子どもが後を追うようにします。これを『追い読み』と言うそう。

さらに慣れれば、一文を一気に読むようにします。

「少しずつ、少しずつ、ステップアップしていくのがコツです。そして、最初の一文を完璧に上手に読めるようにします。ほとんど暗記してしまうくらいにするのがベストです」

『追い読み』ができるようになったら、2番目の一文を同じ手順で練習して、同じくらい完璧に音読できるようにします。この繰り返しで、できる部分を少しずつ増やしていく『部分完成法』へステップアップするとよいそうです。

上手に読める部分が少しずつ増えていくので、どの子も自信を持って取り組むことができ、向上の喜びを味わうことができるのです。

読み・書き障害の場合もあるので子どもの観察をしっかりと

宿題の定番「音読」はなぜ大事? 黙読との効果の違いも紹介!

子どもによっては、「文章を読むこと」や「文字を書くこと」に困難を感じる子もいるようです。その場合は、学習障害(LD)の1つでもある『読み・書き障害(ディスレクシア)』の可能性も考えてほしいとのこと。実際に、音読ができなくて、親子で悩んでいる人も少なくないそうです。

「LDの小学生は、クラスに2〜3人いると言われています。文字を認識できなかったり、『みかん』を『み』『か』『ん』などの一音ずつしか読めなかったり、小さい『っ』や音を伸ばす『−』などが認識できずに読めないなどがありましたら、ディスレクシアの可能性があります」

「ディスレクシアの場合は、子どもが怠けているわけではありません。不必要に叱るのではなく、その子の状態に応じたサポートをしてあげてください。例えば、iPadで文字を拡大して書き取りをするアプリなどもあるので、それを使って読み書きの練習をしてみるのも一つの手です。また、タブレット端末で利用できる専門の教科書や、音読指導アプリ、ニンテンドーDSのソフト『楽引辞典』などの情報器機を使ってサポートすることもできます」

音読が困難な子の場合、教科書を拡大コピーして読みやすくしてあげるのも有効な手段だそう。また、『追い読み』が効果的な場合もあるそうです。

音読の様子を録音すると上達スピードもアップ

物語全体を上手に読めるようになってきたら、マンネリ化しないために、さらに楽しく音読できるように、いろいろと変化をつけてみるとよいそうです。

■完璧読み

最初から読み始めて、一度もつかえたり、読み間違えたりしないでどこまで読めるか挑戦する方法です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.