子育て情報『トラブルが起きやすい「小学生の友達関係」親はどうサポート?』

2017年12月13日 10:02

トラブルが起きやすい「小学生の友達関係」親はどうサポート?

「聞くときに大切なのは、『そうなんだ。それは嫌だね』『つらいね』と共感しながら聞くことです。それによって、子どもは『自分のことをわかろうとしてくれている』『つらい気持ちをわかってくれる』と思えるようになります」

「また、話を聞いたあとは『本当につらいね。嫌になるよね』『言ってくれて、ありがとう』『ママはいつでもあなたの味方だからね』などの言葉で、子どもを安心させてあげてください」

逆に「あなたが○○だからダメなんでしょ」と叱るのはNG。また、本人の話をあまり聞かないままアドバイスしてしまうことや無理矢理聞き出すのもよくないそうです。

「子どもの話を共感的に聞かないまま、励ましたりアドバイスをしたりすると、『自分の話は聞いてもらえない』『どんなに苦しいかわかってもらえない』『そんな簡単なことじゃないんだよ』と感じてしまい、それ以上話さなくなります」

ちゃんと親が自分の味方だと思えれば、子どもはいろいろ打ち明けてくれるはず。話すことで大きなストレス発散になりますし、親も状況をつかみやすくなります。

さらに、対話だけでなく、注意してみるべきポイントもあります。子どもの服、カバン、持ち物などの変化です。汚れや破損がある、持ち物がなくなる、ノートなどに落書きされる、などが見られるときはいじめの可能性があります。繰り返しそういったことがある場合は、速やかに学校の先生に相談して、注意深く見守ってもらうことも大事です。

自分の子どもが攻撃している場合はどうする?

トラブルが起きやすい「小学生の友達関係」親はどうサポート?

友達同士のトラブルについては、子どもがいじめられている場合だけでなく、いじめの加害者になっている場合についても考える必要があります。

「子どもが何らかのストレスを抱えているとき、他の誰かをいじめてしまうということがよく起こります。そのストレスにもいろいろありますが、例えば、やりたくない習い事をやらされている、兄や姉、あるいは友達の誰かにいじめられている、親からいつも叱られているなどです」

「もし、親のしつけが厳しい場合は、その矛先がほかの子に向かっている可能性があるので、否定的な叱り方はやめて、子どもとの接し方を改めるようにしてみてください」
また、友達と関わりたい気持ちをうまく言葉で表現できないため、叩いてしまうこともあるそうです。

「この場合は、実はそれほど心配しなくていいとも言えます。『その子に興味がある』『一緒に遊びたい』『おしゃべりしたい』など、とにかく関わりを持ちたいだけなのです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.