子育て情報『トラブルが起きやすい「小学生の友達関係」親はどうサポート?』

2017年12月13日 10:02

トラブルが起きやすい「小学生の友達関係」親はどうサポート?

『仲良くしたいなら、友達を叩いてはいけないよ』と、根気よく言い聞かせてください。さらにいいのは、ロールプレイ(役割演技)で実際に口に出して『ぼくも入れて』『一緒に遊ぼう』などの言葉が言えるように練習することです」

それ以外にも、本人が楽しいと感じる遊びをたくさんやらせてあげると、気持ちが満たされて攻撃性が消えるそうです。子どもがやりたいことをできる環境作り、スキンシップの心がけ、ときにはくすぐったりして笑わせるじゃれつき遊びなども大切なのだそう。

仲直りはロールプレイで練習も!

トラブルの解決には仲直りも当然大事ですが、子どもでもなかなか謝りにくい気がします。

「ちゃんと話を聞いたあとは、子どもも気持ちがスッキリしているので、仲直りしようという気持ちになりやすいです。そのときに、ロールプレイで仲直りの練習をすると、早くに解決ができると思います」

親が友達役になって、子どもと一緒に「○○してごめんね」や「もうしないから、また遊んでね」などの言葉を実際に口に出して言う練習をしていきます。

「さらに、子どもが自分は悪くないと思っていても、『ケンカは嫌だから仲直りしよう。一緒にごめんねって言おう』と相手を誘えるように、ロールプレイで練習するとさらにいいでしょう。どちらが悪いとかはさておき、一緒に『ごめんね』と言うことで、すぐに仲直りができるようになります」

子どもの友達関係が不安なときは、親が子どもの接し方を省みなければいけないというサインでもあるかもしれません。問題が小さいうちに気づけるよう、いつも子どもの話に耳を傾け、様子を見ていけるようにしたいですね。

(文:宮平なつき
(監修:親野智可等さん)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.