子育て情報『本番に強い子と弱い子の違いは何? 緊張の理由や克服術も紹介』

2017年12月14日 12:02

本番に強い子と弱い子の違いは何? 緊張の理由や克服術も紹介

たとえば、歌を歌うのであれば「どこまで歌えそう?」と聞いてみて、子どもが「全部ダメかも…」と言ったら、「そっか、でもサビの部分は歌えるかな?」などと誘導してあげましょう。

そこで「サビは大丈夫だと思う」と答えれば、「じゃあ、そこはがんばろう!」と声をかけます。子どもは自分ができそうなところを再確認すると、比較的落ち着くケースが多いようです。

もしそこで、「やっぱり全部無理!」という答えだったら、「じゃあ今日は、うまく歌えなくてもいいか」と落ち着かせ、「みんなと一緒にステージに出るのはどう?」と、子どもができそうなことを言ってあげると良いそうです。

では逆に、余計に緊張させてしまう声がけはあるのでしょうか?

「プレッシャーを与えてしまうような言葉はNGです。『おばあちゃんも見に来ているんだからがんばって!』『あなたなら絶対にできるはずなんだから』などの言葉は、子どもをさらに緊張させてしまうことがあるので気をつけるようにしましょう」

本番に弱いのは緊張だけが原因ではない!?

最後に富山さんは、本番でいつもの力が出せないのは、緊張のせいばかりではないこともあると話します。

「そもそも、大勢の前で何かをすることが本当に苦手な子もいますし、みんなで一緒に何かをすることに馴染めない子もいます。つまり、本番に向けてのやる気には個人差が大きいのです」

「運動会や発表会に出ること自体が苦手という場合は、練習にはなんとなく参加していても、本番でいつもと違うことをしてしまうといったケースもあります。そんなときは強制してもできない部分が多いので、参加したこと自体を褒めてあげるとか、できるだけその行事を今後も楽しめるようにフォローしてあげてほしいですね」

子どもの発表を見守る親は、子どもができるだけイベントを楽しめるようにフォローしてあげたいですね。

(文:近藤 浩己)
(監修:富山尚子先生)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.